ニュース

景況感、3四半期ぶりプラス 7〜9月、大企業の全産業

2021/9/13 9:50
 企業の景況判断指数

 企業の景況判断指数

 財務省と内閣府が13日発表した7〜9月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)がプラス3・3となり、3四半期ぶりに改善した。新型コロナウイルスのワクチン普及などを背景に、経済回復への期待感から企業心理が持ち直した。

 BSIは自社の景況感が「上昇」したとみる企業の割合から「下降」したとする企業の割合を差し引いた指数。調査時点は8月15日で、約1万1千社が回答した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 中国恒大、社債の利払いを延期 (9/25)

     【北京共同】経営危機に陥った中国の不動産大手、中国恒大集団が、23日が期日だった米ドル建て社債の利払いを延期していたことが分かった。米紙ウォールストリート・ジャーナルなどが25日までに報じた。利払い...

  • 農水省、コメの現物市場を検討 (9/25)

     農林水産省が生産者やJAグループ、卸業者らが広く参加してコメを取引する現物市場の創設を検討していることが25日、分かった。時々の需給を反映した透明性の高い価格を示すことで生産銘柄の選定など生産者の経...

  • ビットコインが急落 (9/25)

     【ニューヨーク共同】中国人民銀行(中央銀行)が暗号資産(仮想通貨)の関連事業を全面禁止すると発表したのを受け、代表的な仮想通貨ビットコインの価格が24日の取引で急落した。調査会社コインデスクによると...

  • NY株続伸、33ドル高 (9/25)

     【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比33・18ドル高の3万4798・00ドルで取引を終えた。中国不動産大手、中国恒大集団のデフォルト(債務不履行)へ...

  • ナスダック 24日終値     (9/25)

    <ナスダック>          15047.70       前日比  −04.54  

 あなたにおすすめの記事