ニュース

季節外れの寒気で前線形成 気象庁、8月大雨の要因に

2021/9/13 21:36
 8月の大雨のメカニズム(イメージ)

 8月の大雨のメカニズム(イメージ)

 気象庁は13日、有識者でつくる「異常気象分析検討会」を開き、8月11〜17日の大雨の原因を議論した。発達したオホーツク海高気圧のため季節外れの寒気が日本に流れ込んで西日本から東日本に前線ができ、ここに東シナ海から大量の水蒸気が流れ込んで大雨をもたらしたと結論付けた。

 気象庁によると、日本の北でオホーツク海高気圧が強まった一方、太平洋高気圧が例年よりも日本の南に張り出し、間に挟まれた西日本から東日本付近では北からの寒気と南からの暖かい空気が衝突して前線ができた。

 この結果、前線に向かう大陸からの風と太平洋高気圧周縁の風に乗って水蒸気が集中的に流れ込んだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • コロナで長時間労働、改善訴え (9/19)

     埼玉県越谷市保健所の事務職員斎藤知春さん(40)が18日、市内で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で「保健師らは過労死寸前」として労働環境の改善を実名で訴えた。労働基準監督署に既に通報し、...

  • 台風14号が温帯低気圧に (9/18)

     西日本を東に進んで横断した台風14号は18日午後3時、静岡県沖で温帯低気圧に変わった。19日にかけて伊豆諸島付近を通過する見込みで、関東甲信は19日早朝にかけて大雨の恐れが続く。気象庁は土砂災害や浸...

  • 福岡で住宅焼け2人死亡 (9/18)

     18日午後2時20分ごろ、福岡市早良区早良の住宅から煙が出ていると、近くの住民が119番した。木造2階建てが全焼し、2人の遺体が見つかった。早良署は、連絡が取れていない住人の高齢夫婦とみて身元確認を...

  • 青森で住宅全焼、2人死亡 (9/18)

     18日午前11時20分ごろ、青森市浦町奥野の無職今智子さん(80)方から出火、木造一部2階建て約170平方メートルが全焼し、焼け跡から性別不明の2人の遺体が見つかった。 青森署によると、今さんと同居...

  • 巡査部長が拳銃自殺か、静岡県警 (9/18)

     18日午前11時45分ごろ、静岡県沼津市の沼津署内で、同署警務課警務係の男性巡査部長(45)が頭から血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。手元に拳銃があり、県警は拳銃自殺...

 あなたにおすすめの記事