ニュース

米、消費者物価は5・3%上昇 8月、伸び幅縮小も高水準

2021/9/14 22:17

 【ワシントン共同】米労働省が14日発表した8月の消費者物価指数は前年同月に比べて5・3%上がった。上昇率は7月の5・4%から縮小。10カ月ぶりに伸びが鈍化したが、依然として高水準を維持した。新型コロナウイルスのワクチン普及による経済活動の再開で需要が回復し、物価の上昇傾向が続いている。

 上昇率は米連邦準備制度理事会(FRB)が目標とする2%を大きく上回っている。市場では過度なインフレが続くことによる経済への悪影響を懸念する声もあり、FRBは物価動向をにらみながら量的緩和縮小の着手時期を検討している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  20日(日本時間14時) (9/20)

    14時現在           1ドル=             109円92銭〜          109円93銭    前日比  +0円02銭   1ユーロ=            128円76銭...

  • ユニバーサル北京が開業 (9/20)

     【北京共同】中国・北京郊外で20日、米系のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・北京」が正式開業した。米中対立の激化にもかかわらずハリウッド映画の人気は健在で、初日分のチケットは事前に完売する順調な...

  • 為替相場  18日(日本時間 6時) (9/20)

     6時現在           1ドル=             109円94銭〜          109円99銭    前日比   0円00銭   1ユーロ=            128円89銭...

  • SBI、TOB期間の延長拒否へ (9/19)

     SBIホールディングスは19日、新生銀行に対して実施中の株式公開買い付け(TOB)について、新生銀が求めた期間延長に応じない方向で調整に入った。新生銀はSBIが要請を拒否した場合、導入済みの買収防衛...

  • G20農相会合が共同宣言 (9/19)

     農林水産省は19日、イタリア・フィレンツェで17〜18日に開かれた20カ国・地域(G20)農相会合で、食料の安定供給に向けた共同宣言を採択したと発表した。世界の人口が増加する中、生産性の向上と環境負...

 あなたにおすすめの記事