ニュース

7月の機械受注0・9%増 2カ月ぶりプラス

2021/9/15 9:19

 内閣府が15日発表した7月の機械受注統計(季節調整値)は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が前月比0・9%増の8597億円となり、2カ月ぶりのプラスだった。基調判断は「持ち直しの動きがみられる」を据え置いた。

 製造業は6・7%増の4311億円、非製造業が9・5%減の4259億円だった。船舶・電力や官公庁、外需を含む受注総額は11・7%増の2兆8759億円だった。

 機械受注統計は、主要な機械メーカー約280社が対象で、企業の設備投資意欲をみる代表的な指標となる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 中国恒大、幹部6人を処分 (9/18)

     【北京共同】中国の不動産大手、中国恒大集団は18日、グループが扱っている投資商品の償還を前倒しで受けていた幹部6人を処分したと発表した。恒大は巨額の債務で経営悪化が懸念されている。一般投資家より先に...

  • 豊田社長、五輪との不公平感ある (9/18)

     トヨタ自動車の豊田章男社長は18日に三重県鈴鹿市内で開いた記者会見で、新型コロナウイルス流行の影響により日本で自動車レースの中止が相次いでいることに関して「五輪で許されても四輪や二輪は許されず、不公...

  • 豪から運んだ水素でレース参戦 (9/18)

     トヨタ自動車が開発中の水素を燃やして走るエンジン車が18日、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開かれた耐久レースにオーストラリアから運んだ水素を使って参戦した。運搬には川崎重工業などが協力しており、水素...

  • 政府、新興企業育成へ指針策定 (9/18)

     政府が、革新的な事業を手掛ける創業間もないスタートアップ(新興企業)の育成に向け、出資者との契約適正化を促す指針を策定することが18日、分かった。資金の出し手である出資者に対し弱い立場に置かれやすい...

  • リニア工事は流域の理解が前提 (9/18)

     リニア中央新幹線静岡工区を巡り、JR東海の金子慎社長は18日、静岡県島田市など大井川の流域9市町の首長らと静岡市内で意見交換会を開き、流域自治体の理解が得られるまでは工事を進めない考えを改めて示した...

 あなたにおすすめの記事