ニュース

米鉱工業生産0・4%上昇 8月、ハリケーンで縮小

2021/9/15 22:53

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)が15日発表した8月の鉱工業生産指数(季節調整済み)は前月と比べて0・4%上昇した。上昇幅は前月の0・8%(改定後)から縮小した。大型ハリケーン「アイダ」の上陸に伴う工場閉鎖が伸びを抑えた。

 全体の前年同月比は5・9%上がった。FRBによると、新型コロナウイルス流行前の昨年2月と比べても0・3%上回った。

 8月の製造業の生産指数は前月より0・2%、電力・ガスは3・3%それぞれ上昇。一方、鉱業は0・6%下がった。

 設備稼働率は76・4%となり、2019年12月以来、1年8カ月ぶりの高さだった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  22日(日本時間 4時) (9/22)

     4時現在           1ドル=             109円23銭〜          109円24銭    前日比  +0円40銭   1ユーロ=            128円08銭...

  • 為替相場  22日(日本時間 2時) (9/22)

     2時現在           1ドル=             109円26銭〜          109円27銭    前日比  +0円37銭   1ユーロ=            128円14銭...

  • 金融庁、みずほのシステム管理へ (9/22)

     みずほ銀行でシステムトラブルが相次いだ問題を巡り、金融庁が近く、みずほフィナンシャルグループとみずほ銀行に業務改善命令を出す方針を固めたことが、21日分かった。みずほ側からシステムの保守や更新の作業...

  • NY円、109円前半 (9/21)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比02銭円安ドル高の1ドル=109円35〜45銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1734〜44ドル、128円38〜4...

  • NY株、一時300ドル超高 (9/21)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発して始まり、上げ幅が一時300ドルを超えた。前日に大幅下落したため割安感が出て、買いが先行した。 経営不安が取り沙汰され株...

 あなたにおすすめの記事