ニュース

世界経済、5・3%の成長予測 回復は先行き不透明と国連

2021/9/15 23:00

 【ジュネーブ共同】国連貿易開発会議(UNCTAD)は14日、2021年の世界経済の成長率を5・3%とする予測を公表した。新型コロナウイルス流行でマイナス3・5%となった20年から大幅に回復するが、地域や国により差がみられるなど、先行きの不透明さは続くとしている。

 UNCTADによると今年の経済回復は、コロナ危機を受けて各国が導入した経済政策などによるところも大きい。ただし経済成長率は22年には3・6%に鈍化する見込みで、コロナ流行前の水準に世界経済が回復するには、数年かかるとみられている。

 日本は2・4%と、ドイツとほぼ同水準の低さと予想されている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • IR、大阪はMGMとオリックス (9/28)

     大阪府の吉村洋文知事は28日、誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の運営事業者として、公募に唯一応募していた米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの共同事業体を決定...

  • 東京株式 28日13時     (9/28)

    <225種>          30119円13銭      前日比 −120円93銭  <TOPIX>         2075.43        前日比 −12.31    

  • 為替相場  28日(日本時間13時) (9/28)

    13時現在           1ドル=             111円23銭〜          111円24銭    前日比  −0円46銭   1ユーロ=            130円04銭...

  • JR2社に1千億円超の財政支援 (9/28)

     国土交通省は28日、経営状態が厳しいJR北海道に対し今後10年で約1450億円、JR四国にも約1千億円の財政支援を行うと明らかにした。国が配分している経営安定基金を鉄道建設・運輸施設整備支援機構が借...

  • 再宣言でも午後9時まで営業可 (9/28)

     政府は28日、新型コロナウイルスの感染が再拡大し、緊急事態宣言を改めて発令する場合に備えた行動制限緩和の具体的な方針をまとめた。ワクチン接種済証か検査の陰性証明を求める「ワクチン・検査パッケージ」と...

 あなたにおすすめの記事