ニュース

NY株、反発 

2021/9/16 0:17

 【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在、前日比123・09ドル高の3万4700・66ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は続落し、32・78ポイント安の1万5004・98。

 米連邦準備制度理事会(FRB)による量的金融緩和政策が当面維持されるとの見方から買いが先行した。米国の景気回復が遅れることへの懸念も根強く、上値の重さも意識された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • コンビニ、6カ月ぶり減収 (9/21)

     日本フランチャイズチェーン協会が21日発表した8月の主要コンビニ7社の既存店売上高は前年同月比1・9%減の8972億円で、6カ月ぶりにマイナスとなった。新型コロナ流行に伴う緊急事態宣言で外出自粛が続...

  • 基準地価2年連続で下落 (9/21)

     国土交通省が21日発表した7月1日時点の都道府県地価(基準地価)は、全用途の全国平均が前年比マイナス0・4%だった。下落は2年連続、下落幅は0・2ポイント縮小した。長引く新型コロナウイルス流行が影響...

  • 為替相場  21日(日本時間16時) (9/21)

    16時現在           1ドル=             109円58銭〜          109円59銭    前日比  +0円36銭   1ユーロ=            128円55銭...

  • 東証大幅反落、終値660円安 (9/21)

     連休明け21日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反落し、大台の3万円を割り込んだ。経営悪化した中国不動産大手が債務不履行を起こすとの懸念から、金融市場の不安定化や中国経済の減速が意識され...

  • 東京株式 21日終値      (9/21)

    <225種>          29839円71銭      前日比 −660円34銭  <TOPIX>         2064.55        前日比 −35.62    

 あなたにおすすめの記事