ニュース

パリの大聖堂、崩壊の危機去る 24年の再開目指し修復工事へ

2021/9/18 21:33
 火災のあったパリのノートルダム大聖堂=4日(共同)

 火災のあったパリのノートルダム大聖堂=4日(共同)

 【パリ共同】2019年4月に大火災に見舞われたパリ・ノートルダム大聖堂の修復を担うフランス政府当局は18日、2年以上に及んだ建物の保全作業が完了したと発表し、大聖堂が崩壊する危険がなくなったことを正式に確認した。今年の冬から修復工事に入り、24年の一般開放再開を目指す。

 政府の修復責任者ジャンルイ・ジョルジュラン氏は声明で「今や大聖堂は安全だ」と表明した。

 火災前に尖塔の改修作業用に設置され、火災後も大聖堂の上に残ったままになっていた金属製の足場の撤去が昨年11月に完了した後、大聖堂の石造りのアーチ天井が崩れないよう木材で補強する作業などが続いていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 北京五輪抗議で活動家2人拘束 (10/17)

     【アテネ共同】人権問題を抱える中国で来年2月に開催される北京冬季五輪を巡り、チベットと香港の活動家が17日、アテネにある観光名所の古代遺跡アクロポリスでチベットの旗などを掲げて抗議し、地元警察に拘束...

  • 首相の真榊奉納、中国は断固反対 (10/17)

     【北京共同】中国の国営通信、新華社は17日、岸田文雄首相が靖国神社に「真榊」を奉納したことを速報し「中国側は、靖国神社問題における日本の政界要人の誤ったやり方に一貫して断固反対している」と論評した。...

  • 韓国「深い失望と遺憾」 (10/17)

     【ソウル共同】韓国外務省は17日、岸田文雄首相が靖国神社に「真榊」を奉納し、菅義偉前首相らが参拝したことに「深い失望と遺憾を表明する」との報道官論評を発表した。 論評は、靖国神社が「日本の過去の侵略...

  • 極超音速兵器で地球周回、中国 (10/17)

     【ワシントン、北京共同】英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は16日、中国が核弾頭を搭載可能な極超音速兵器の発射実験を8月に行ったと報じた。複数の関係筋の話としている。ロケットで打ち上げたミサイルが地...

  • 岸田首相を「極右」と北朝鮮紙 (10/17)

     【北京共同】16日付の北朝鮮紙「統一新報」は、岸田文雄首相を旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓政府間合意をつくった「極右人物」だとして批判する記事を掲載した。北朝鮮は岸田氏の首相就任後、...

 あなたにおすすめの記事