ニュース

寺地、矢吹とも異常なし ボクシング世界戦予備検診

2021/9/20 17:04
 調印式に出席したチャンピオンの寺地拳四朗(左)と挑戦者の矢吹正道=20日、京都市内(真正ジム提供)

 調印式に出席したチャンピオンの寺地拳四朗(左)と挑戦者の矢吹正道=20日、京都市内(真正ジム提供)

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトルマッチ(22日・京都市体育館)の予備検診が20日、京都市内で行われ、チャンピオンの寺地拳四朗(BMB)と挑戦者の矢吹正道(緑)はともに異常なしと診断された。

 9度目の防衛を狙う寺地は身長164・1センチで矢吹より2・3センチ低く、リーチも3・5センチ下回った。胸囲は寺地が85・5センチ、矢吹は87センチだった。

 調印式後、寺地は「コンディションはすごくいい。自分のボクシングをするだけ」と自信を示した。試合日程が変更されたが、世界初挑戦の矢吹は「プラスに働いたので影響はない。自信もある」と意気込んだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 柔道、佐々木V「一番いい結果」 (10/19)

     柔道のグランドスラム・パリ大会で男子81キロ級を制した佐々木健志が19日、帰国して報道陣のオンライン取材に応じ「結果にこだわっていたので、一番いい結果を残せて安心している」と感想を語った。 東京五輪...

  • 松坂、18番で燃え尽きる (10/19)

     日米通算170勝を挙げ「平成の怪物」と称されたプロ野球西武の松坂大輔投手(41)が19日、埼玉県所沢市のメットライフドームで行われた日本ハム戦で引退試合に臨み、23年間の現役生活に別れを告げた。プロ...

  • フィギュア、チェンが五輪へ会見 (10/19)

     フィギュアスケート男子で世界選手権3連覇のネーサン・チェン(米国)が18日、オンラインで記者会見し、北京冬季五輪シーズンに向け「母は北京出身で親族も多く北京にいる。五輪に出場することには大きな意味が...

  • バレー新監督、ブラン氏が会見 (10/19)

     バレーボールの男子日本代表新監督に決まった61歳のフィリップ・ブラン氏が19日、記者会見し「求められていることは、2024年パリ五輪で東京五輪よりも素晴らしい結果を残すこと」と意気込みを述べた。出身...

  • 村上、種目別の床運動で1位通過 (10/19)

     体操の世界選手権第2日は19日、北九州市立総合体育館で女子予選が終了し、18日に演技した日本勢は種目別の床運動で東京五輪銅メダルの村上茉愛(日体ク)が14・166点で1位、平岩優奈(イーグル)が13...

 あなたにおすすめの記事