ニュース

外国人労働者に人権アプリ トヨタなど2百社共同制作

2021/9/20 21:02
 外国人向け労働相談システムのイメージ

 外国人向け労働相談システムのイメージ

 トヨタ自動車やイオンなど約210の国内企業・団体が、外国人労働者の人権を守るためのスマートフォンアプリを共同で制作することが20日、分かった。日本で働く技能実習生らが会社に知らせず、アプリを通じて第三者機関に相談できる。国際社会や海外投資家は日本の職場環境を問題視しており、国際協力機構(JICA)が主導し待遇の改善を目指す。

 ソフトバンクやセブン&アイ・ホールディングス、アサヒグループホールディングスなど有力企業が多く参加する。JICAと人権団体が事務局となり、アプリやポータルサイトの内容を固めた。近く開発作業に着手し、来年から実証実験を始める計画だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 小規模M&A、コロナ禍で最多に (10/16)

     新型コロナウイルス禍で小規模事業者が売り手となる合併・買収(M&A)が増加し、21年度上半期(4〜9月)の買収件数が半期ベースで最多となったことが16日、分かった。国が運営する支援機関が関わった案件...

  • 仮想通貨配布で個人情報盗難か (10/16)

     【サンサルバドル共同】世界で初めて暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨とした中米エルサルバドルで、ビットコイン用のスマートフォン専用アプリを巡って、個人情報が盗まれたなどとする届け出が15日...

  • コクヨ、はさみなど文具を値上げ (10/16)

     コクヨは16日までに、はさみやホチキスなどの文具を来年1月から平均8%値上げすると発表した。部品などに使う鋼材の価格が高騰しているため。値上げは2019年7月以来、約2年半ぶりとなる。 値上げは20...

  • NY原油続伸、終値82ドル台 (10/16)

     【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク原油先物市場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の11月渡しが、前日比0・97ドル高の1バレル=82・28ドルと、2014年10月以来、約7年ぶりの高値と...

  • ナスダック 15日終値     (10/16)

    <ナスダック>          14897.34       前日比  +73.91  

 あなたにおすすめの記事