ニュース

グレタさん、気候に一段と危機感 COP26前に

2021/9/21 9:29
 グレタ・トゥンベリさん

 グレタ・トゥンベリさん

 【ロンドン共同】スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(18)は20日、世界の関心は新型コロナウイルスに集中しているが「気候危機は消滅したわけではなく、緊急性は一段と高まっている」と訴えた。来月末開幕の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)を前にオンラインで記者会見した。

 今月24日には世界各地の若者らが、屋外やオンラインで「気候ストライキ」を一斉に行う。環境対策を争点の一つとして26日に総選挙が行われるドイツでもデモが実施される予定だ。グレタさんは「民主主義は選挙の日だけのものではない」と訴えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ロシア俳優と監督、宇宙から帰還 (10/17)

     【モスクワ共同】国際宇宙ステーション(ISS)に12日間滞在し、宇宙での初の映画撮影に臨んだロシアの俳優と監督が17日、帰還した。ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスが発表した。 俳優はロシアのテレビ...

  • 国内感染509人、死亡13人 (10/16)

     国内で16日、新たに509人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は大阪78人、東京66人、神奈川36人、愛知33人など。死者は東京7人などで計13人が報告された。 厚生労働省によると、全国の...

  • 3回目接種、予約見直し53% (10/16)

     新型コロナワクチンの3回目接種について、47都道府県庁所在地(東京は新宿区)のうち、53・1%に当たる25市区が予約受け付け方法の見直しを検討していることが16日、共同通信の調査で分かった。65歳以...

  • 12年かけて小惑星群観測へ (10/16)

     【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は16日、小惑星群「木星トロヤ群」の世界で初めての接近観測を目指す探査機ルーシーを、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げた。12年かけ、木星とほ...

  • 絶滅危惧のプラナリア確認 (10/16)

     大津市の認定NPO法人「びわ湖トラスト」は16日、環境省のレッドリストで絶滅危惧1類に指定されている琵琶湖固有種のプラナリア「ビワオオウズムシ」が、湖の今津沖(滋賀県高島市)で今年7月に約80匹見つ...

 あなたにおすすめの記事