ニュース

陸上、三浦は海外転戦へ意欲 順大の練習拠点で表彰

2021/9/21 15:41

 東京五輪の陸上男子3000m障害で日本史上最高の7位に入った三浦龍司(順大)が21日、練習拠点のある千葉県印西市で市長特別賞の表彰を受けた。パリ五輪を見据え「海外のレースもどんどん体験したい」と展望を語った。

 大舞台でアフリカ勢と戦い「今のままでは限界がある」と実感したという19歳の日本記録保持者。国内では敵なしで、展開も単調になりがち。「いろいろな選手のレースプランを肌で感じることで、国内で工夫できる幅も増える」と、世界最高峰のダイヤモンドリーグ参戦にも意欲を示した。

 男子110m障害で五輪準決勝に進出した泉谷駿介(順大)は同市から感謝状を受け取った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • オ2―5楽(20日) (10/20)

     楽天が逆転勝ちで連敗を3でストップ。1―2の七回2死から山崎剛の2点打、浅村の適時二塁打などで一挙4得点した。則本昂は辛抱強く投げて8回を伏見の一発による2点に抑えて11勝目。オリックスは七回に救援...

  • D2―3巨(20日) (10/20)

     巨人が逆転勝ちで連敗を10で止めた。0―2の二回にウィーラーの2ランで追い付き、七回に丸のソロで勝ち越した。2番手の畠が1回2/3を無失点で4勝目、ビエイラが19セーブ目。DeNAは打線が好機を生か...

  • 神0―0ヤ(20日) (10/20)

     互いに三塁を踏ませない投手戦で引き分けた。阪神のガンケルは八回2死まで無四球の散発4安打で9奪三振。岩崎、スアレスが無安打で乗り切った。ヤクルトは高橋が7回4安打で8三振を奪い、清水、マクガフとつな...

  • 体操、畠田瞳が個人総合決勝棄権 (10/20)

     日本体操協会は20日、体操の世界選手権で女子の畠田瞳(セントラルスポーツ)が21日の女子個人総合決勝を棄権したと発表した。20日に段違い平行棒の練習中、離れ技で落下して首を損傷し、病院で磁気共鳴画像...

  • 西7―5日(20日) (10/20)

     西武が5位に浮上した。0―1の二回に山田の3点二塁打と栗山の2点二塁打で5点を奪って逆転。三回には山川のソロで加点した。松本が5回5失点で初の10勝目を挙げ、田村はプロ初セーブ。日本ハムは再び最下位...

 あなたにおすすめの記事