ニュース

世界成長率5・7%に下方修正 変異株で21年OECD予測

2021/9/21 18:51

 【ロンドン共同】経済協力開発機構(OECD)は21日、2021年の世界全体の実質経済成長率が5・7%になるとの見通しを発表した。5月公表の前回予測から0・1ポイントわずかに下方修正した。新型コロナウイルスのワクチン接種が広がり経済活動は段階的に再開しつつあるが、感染力の強い変異株の拡大や半導体不足による自動車生産などへの影響が深刻化したことを反映した。

 米国の21年の成長率は6・0%と予測。0・9ポイントの下方修正で、引き下げ幅の大きさが目立った。日本は21年を0・1ポイント引き下げ2・5%と見込んだ。22年は0・1ポイント引き上げ2・1%に修正した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 「体外診断用医薬品」を選んで (10/16)

     新型コロナウイルスの抗原検査キットが薬局で購入可能になったことを受け、消費者庁は16日までに、購入する際の注意点をまとめたチラシを作成した。担当者は「国が承認した『体外診断用医薬品』の表示がある製品...

  • 米、J&Jの追加接種も推奨へ (10/16)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)の外部有識者委員会は15日、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンについて、1回目接種から2カ月以上たった18歳以上...

  • 米11月8日から接種義務化 (10/15)

     【ワシントン共同】米ホワイトハウスの報道担当者は15日、米国に空路や陸路で入国する外国人に11月8日から、新型コロナウイルスのワクチン接種完了を義務付けるとツイッターで明らかにした。入国禁止対象外だ...

  • コロナ下、「長良川鵜飼」が閉幕 (10/15)

     岐阜市で1300年以上続く伝統漁「長良川鵜飼」が15日、閉幕した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が3度延期になったほか、開幕後の8月18日〜9月30日も一時休止に。川の増水で休業した時期もあ...

  • 大都市圏で飲食店の制限解除も (10/15)

     新型コロナウイルス新規感染者の全国的な減少を受け、飲食店に出している酒類提供や営業時間短縮の自粛要請の解除を表明する自治体が相次いでいる。大阪府の吉村洋文知事は15日、早ければ24日に解除する方向で...

 あなたにおすすめの記事