ニュース

日銀総裁、米中景気を楽観 恒大集団問題は影響注視

2021/9/22 20:33
 金融政策決定会合後に記者会見する日銀の黒田総裁=22日午後、日銀本店(代表撮影)

 金融政策決定会合後に記者会見する日銀の黒田総裁=22日午後、日銀本店(代表撮影)

 日銀の黒田東彦総裁は22日、大規模な金融緩和策の維持を決めた金融政策決定会合後に記者会見し、海外経済の先行きについて「米国と中国の景気が減速し、外需が弱くなるとの見通しを持つ必要はない。しっかりしている」と楽観的な認識を示した。

 中国恒大集団が経営危機に直面している問題については「中国の不動産業の問題で、コロナ禍での企業債務増大がもたらす問題とは考えていない」と強調した一方、「国際金融市場に与える影響を注視する」と述べた。

 金融市場では、中国恒大集団が経営破綻して世界経済に悪影響が広がることへの懸念が広がっており、世界的に株式相場が不安定になっている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  20日(日本時間21時) (10/20)

    21時現在           1ドル=             114円40銭〜          114円41銭    前日比  −0円39銭   1ユーロ=            132円97銭...

  • 飲食店時短、首都圏解除へ (10/20)

     新型コロナウイルス新規感染者が急速に減少していることを受け、埼玉、千葉、神奈川各県は20日、飲食店に要請していた酒類提供の制限や営業時間短縮を25日に全面解除することを決めた。東京都も24日の期限で...

  • 郵便局にシェアオフィス設置 (10/20)

     日本郵便は20日、ボックス型のシェアオフィスを新宿郵便局(東京)と、さいたま市や名古屋市にある日本郵便の商業ビル計3カ所に11月1日に設置すると発表した。新型コロナウイルス流行で定着したテレワーク需...

  • 東京円、一時114円69銭 (10/20)

     20日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=114円台前半で取引された。一時は円売りが加速し、1ドル=114円69銭を付ける場面があり、2017年11月以来、約3年11カ月ぶりの円安ドル高水準で推移し...

  • 36県が住民向け旅行割引実施 (10/20)

     観光庁は20日、停止中の観光支援事業「Go To トラベル」に代わり、青森や広島など36県が19日時点で、国の補助金を活用した住民向け旅行の割引事業を実施していると発表した。新型コロナウイルスの緊急...

 あなたにおすすめの記事