ニュース

気候変動は「安保上の課題」 日米豪印、対応の必要性を強調

2021/9/23 2:08

 24日に米ワシントンで開かれる日本と米国、オーストラリア、インドの協力枠組み「クアッド」首脳会合の共同声明原案に、気候変動は安全保障上の課題だと盛り込むことが22日、政府関係者への取材で分かった。気候変動が食料不足や地域紛争を誘発する恐れがある問題だと位置付け、世界が連携して対応する必要性を強調する。

 4カ国は温室効果ガス排出削減に向けて努力すると明記。この分野で結束することで、世界最大の温室効果ガス排出国の中国に、さらなる取り組みを迫る狙いだ。

 共同声明原案では、地球温暖化の悪影響に備えた対応策について、各国の事例を共有し、広げていく方針を確認する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内感染509人、死亡13人 (10/16)

     国内で16日、新たに509人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は大阪78人、東京66人、神奈川36人、愛知33人など。死者は東京7人などで計13人が報告された。 厚生労働省によると、全国の...

  • 3回目接種、予約見直し53% (10/16)

     新型コロナワクチンの3回目接種について、47都道府県庁所在地(東京は新宿区)のうち、53・1%に当たる25市区が予約受け付け方法の見直しを検討していることが16日、共同通信の調査で分かった。65歳以...

  • 12年かけて小惑星群観測へ (10/16)

     【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は16日、小惑星群「木星トロヤ群」の世界で初めての接近観測を目指す探査機ルーシーを、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げた。12年かけ、木星とほ...

  • 絶滅危惧のプラナリア確認 (10/16)

     大津市の認定NPO法人「びわ湖トラスト」は16日、環境省のレッドリストで絶滅危惧1類に指定されている琵琶湖固有種のプラナリア「ビワオオウズムシ」が、湖の今津沖(滋賀県高島市)で今年7月に約80匹見つ...

  • 東京で66人感染、7人死亡 (10/16)

     東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに66人報告されたと発表。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は63・3人に減り、前週比は49%。40〜80代の男女7人の死亡も確認された。 ...

 あなたにおすすめの記事