ニュース

NY株反発、338ドル高 中国恒大への懸念和らぐ

2021/9/23 5:42
 22日のニューヨーク証券取引所(AP=共同)

 22日のニューヨーク証券取引所(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比338・48ドル高の3万4258・32ドルで取引を終えた。上昇は5営業日ぶり。経営危機に陥っている中国の不動産大手、中国恒大集団への過度な懸念が和らぎ、買いが優勢となった。

 中国恒大の主要グループ企業が23日に期日が来る社債の利払いを実行すると発表し、デフォルト(債務不履行)をひとまず回避する見通しとなったことが好感された。上げ幅は一時520ドルを超えた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、150・45ポイント高の1万4896・85で終えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  18日(日本時間 6時) (10/18)

     6時現在           1ドル=             114円20銭〜          114円23銭    前日比  −0円11銭   1ユーロ=            132円38銭...

  • 為替相場  16日(日本時間 6時) (10/18)

     6時現在           1ドル=             114円20銭〜          114円23銭    前日比  −0円11銭   1ユーロ=            132円45銭...

  • 経済安保へ1千億円基金を創設 (10/17)

     山際大志郎経済再生担当相は17日のフジテレビ番組で、人工知能(AI)やバイオ、ロボットといった先端技術を育成するため、1千億円規模の基金を創設することを明らかにした。経済安全保障の観点で企業の研究開...

  • 小規模M&A、コロナ禍で最多に (10/16)

     新型コロナウイルス禍で小規模事業者が売り手となる合併・買収(M&A)が増加し、21年度上半期(4〜9月)の買収件数が半期ベースで最多となったことが16日、分かった。国が運営する支援機関が関わった案件...

  • 仮想通貨配布で個人情報盗難か (10/16)

     【サンサルバドル共同】世界で初めて暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨とした中米エルサルバドルで、ビットコイン用のスマートフォン専用アプリを巡って、個人情報が盗まれたなどとする届け出が15日...

 あなたにおすすめの記事