ニュース

家屋被害の1割は警戒区域外 8月大雨の土砂災害、豪雨激甚化

2021/9/24 19:02
 2人が犠牲になった千葉市緑区の土砂崩れ現場。土砂災害警戒区域に指定されていなかった=2019年10月

 2人が犠牲になった千葉市緑区の土砂崩れ現場。土砂災害警戒区域に指定されていなかった=2019年10月

 8月の大雨による各地の土砂災害で損壊した家屋87戸の約1割が、自治体が指定した土砂災害警戒区域の外に立地していたことが24日、共同通信の調査で分かった。いずれも崖崩れによる被害。土地の傾斜や崖の高さといった指定基準を下回る場所が多かった。豪雨が激甚化する中、区域外でも被災の危険性が高まっていることが浮き彫りになった。

 土砂災害警戒区域は、住民の避難態勢を整えるため都道府県が国の指針を踏まえて調査し、指定している。

 国交省の被害集計を基に、一部損壊以上の家屋被害があった18県41市町に聞き取り、被害が確認された87戸のうち計8戸が警戒区域外に立地していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • アフガン人88人が日本到着 (10/19)

     アフガニスタン情勢の混乱を受けて退避した在アフガン日本大使館の現地職員や家族ら88人が19日夜、成田空港に到着した。外務省によると、イスラム主義組織タリバンの政権掌握後、日本政府が一度に受け入れる人...

  • 乳児用パン、のどに詰まらせ死亡 (10/19)

     国民生活センターは19日、大阪府河内長野市の「カネ増製菓」が製造した乳児向けの「かぼちゃとにんじんのやさいパン」を食べた沖縄県の生後10カ月の男児が昨年3月に死亡していたと明らかにした。今年6月には...

  • 低気圧発達、暴風・高波に警戒 (10/19)

     発達しながら日本海から北日本を通過する低気圧に暖かく湿った空気が入る東日本から北日本の日本海側は20日、暴風や高波に警戒が必要だ。海上は大しけの見込み。西日本から北日本では、落雷や激しい突風、ひょう...

  • 車内に男女5遺体、練炭も (10/19)

     19日午前11時ごろ、新潟県湯沢町三国の駐車場に止まっていたワンボックスカーで男女5人が倒れていると110番があった。県警によると、5人は死亡しており、車内には燃えた練炭があった。遺体に外傷はなく、...

  • 「洗たくマグちゃん」に課徴金 (10/19)

     消費者庁は19日、茨城県古河市の宮本製作所が販売した洗濯補助用品「洗たくマグちゃん」などの広告は根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、課徴金3606万円の納付を命じた。 消費者庁によ...

 あなたにおすすめの記事