ニュース

抗体カクテル療法を推奨、WHO 治療指針更新、条件付きで

2021/9/24 18:58

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は24日、新型コロナ感染症の治療指針を更新し、「カシリビマブ」と「イムデビマブ」という薬剤を混ぜ、点滴で1回投与する「抗体カクテル療法」を条件付きで推奨した。

 WHOは抗体カクテル療法を(1)軽症や中等症の患者で、基礎疾患を抱えるなど重症化の危険性が高い人(2)重症患者のうち、新型コロナへの抗体ができない人―に対し、使用することを推奨。(1)の患者に対しては入院にまで至る確率を下げ、(2)では死亡率を下げる効果がみられたとしている。

 2種類の薬剤は高価な上、需要が高まっている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 都内の時短要請、解除へ調整 (10/19)

     東京都が新型コロナ対策の認証を受けた飲食店を対象とした午後8時までの酒類提供や午後9時閉店の営業時間短縮要請について、今月24日の期限で解除する方向で調整していることが19日、関係者への取材で分かっ...

  • 372人が感染、27人死亡 (10/19)

     国内で19日、新たに372人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は大阪83人、東京36人、兵庫29人、沖縄29人など。死者は東京で13人、大阪と千葉でそれぞれ3人など計27人の報告があった。...

  • 受診控えが影響、3千億円黒字に (10/19)

     大企業の社員らが加入する健康保険組合の全国組織の健康保険組合連合会(健保連)は19日、2020年度の決算見込みが1388組合全体で2952億円の黒字だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴っ...

  • ソラシドエア、食材を当日空輸 (10/19)

     中堅航空会社ソラシドエア(宮崎市)は19日、宮崎で朝に採れた野菜や魚などの食材を航空機に積み、その日のうちに首都圏に輸送する事業を27日に始めると発表した。新型コロナウイルス禍で乗客が減少しており、...

  • 東京で36人感染、13人死亡 (10/19)

     東京都は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに36人報告されたと発表した。前日と比べ、入院患者は17人減の309人、うち重症者は5人減の26人。重症者が30人を下回るのは昨年10月29日以来、約...

 あなたにおすすめの記事