ニュース

西村優菜が65で首位堅持 ダンロップ女子第2日

2021/9/25 16:47
 第2日、笑顔を見せる西村優菜。通算13アンダーで首位=利府GC

 第2日、笑顔を見せる西村優菜。通算13アンダーで首位=利府GC

 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子第2日(25日・宮城県利府GC=6591ヤード、パー72)前週に通算3勝目を挙げた21歳の西村優菜が1イーグル、5バーディー、ボギーなしの65をマークし、通算13アンダーの131で首位を堅持した。原英莉花が16位から66で回り、5打差の2位に浮上した。

 浅井咲希とペ・ヒギョン(韓国)が通算7アンダーで3位。渋野日向子、古江彩佳、柏原明日架ら6人が6アンダーで5位に並んだ。通算2オーバーまでの67人が決勝ラウンドに進んだ。(出場106選手=アマ3、曇り時々雨、気温18・9度、南東の風2・7メートル、観衆831人)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • なでしこ、高校男子に0―5 (10/22)

     サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は22日、千葉市内での候補選手による合宿で、千葉・八千代高の男子と練習試合を行い、30分3本の形式で合計0―5だった。今月1日に就任した池田監督の下で初の対外...

  • 小平奈緒が500mで7連覇 (10/22)

     スピードスケートの全日本距離別選手権は22日、長野市エムウェーブで開幕し、女子500メートルは平昌冬季五輪金メダルの小平奈緒が37秒58で7年連続12度目の優勝を果たした。高木美帆が37秒65で2位...

  • 王者井上尚弥、次戦は12月東京 (10/22)

     国際ボクシング連盟(IBF)は22日までにタイトル戦の日程を更新し、IBF、世界ボクシング協会(WBA)バンタム級統一王者の井上尚弥(28)=大橋=が12月14日に東京でIBF同級6位のアラン・ディ...

  • 吉永、菊池悠が準々決勝へ (10/22)

     スピードスケート・ショートトラックの北京冬季五輪テスト大会を兼ねたワールドカップ(W杯)第1戦は22日、北京の首都体育館で行われ、1000メートルで男子の吉永一貴(トヨタ・中京大)と女子の菊池悠希(...

  • ささきが単独首位守る (10/22)

     延田グループ・マスターズGCレディース第2日(22日・兵庫県マスターズGC=6571ヤード、パー72)前日トップのささきしょうこが2バーディー、1ボギーの71でスコアを一つ伸ばして通算8アンダー、1...

 あなたにおすすめの記事