ニュース

コロナ第6波備え医療体制見直し 病床確保、臨時施設を拡充

2021/9/25 17:01
 厚生労働省=東京都千代田区霞が関

 厚生労働省=東京都千代田区霞が関

 新型コロナウイルスの流行「第6波」の到来に備え、厚生労働省は25日までに医療提供体制の見直しに着手した。第5波では自宅療養中に亡くなる人が各地で相次いだ。このため既存の医療機関に病床確保を求めるだけでなく、体育館などを利用した臨時医療施設の拡充にも力を入れ、第5波を超える感染拡大にも耐えられる体制を目指す。

 ただいずれも必要な医療人材の確保が要となる。第5波の反省を踏まえ、誰もが必要な治療を受けられるよう、実効性のある対策が打ち出せるかどうかが焦点だ。

 第5波の新規感染者数ピークは8月20日の約2万5800人。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 429人感染、13人死亡 (10/17)

     国内で17日、新たに429人の新型コロナウイルスの感染者が報告された。内訳は大阪71人、東京40人、北海道38人など。東京は今年の最少を更新した。死者は東京6人、埼玉2人など計13人だった。 厚生労...

  • 海外から到着の4人、コロナ感染 (10/17)

     厚生労働省は17日、海外から成田、羽田、関西の各空港に到着した10代未満から40代の男性計4人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。4人はフィリピン、ネパール、ウクライナ、ベトナムで行動歴が...

  • 東京で40人コロナ感染6人死亡 (10/17)

     東京都は17日、新型コロナウイルスの感染者が新たに40人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は60・4人に減少し、前週比は52・7%。20〜70代の男女6人の死亡も確認...

  • 北方領土元島民、納沙布から慰霊 (10/17)

     北海道根室市で暮らす北方領土元島民らが17日、納沙布岬の北方領土資料館で、島に眠る先祖の慰霊祭を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大で本年度の4島へのビザなし訪問などがなかったため実施した。 慰霊祭...

  • 首相、靖国神社に「真榊」奉納 (10/17)

     岸田文雄首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 岸田文雄」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。関係者によると、首相は18日までの例大祭中、参拝はしない。菅...

 あなたにおすすめの記事