ニュース

最後の週末、4候補奔走 視察や地方対話重ねる

2021/9/25 19:53

 自民党総裁選は25日、投開票の29日を前に、最後の週末を迎えた。河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4候補は、党員・党友の未投票者に支持を働き掛けようと奔走。それぞれ視察やリモート対話を重ねた。

 視察へ出向いたのは岸田氏。東京都葛飾区で、経済的な困難を抱える児童らの学習支援活動を見学し、話を直接聞いた。

 河野氏は党インターネット番組収録に臨んだ。高市氏は兵庫県議とのリモート対話で、韓国が実効支配する島根県・竹島を取り上げた。野田氏は、知名度の高い三原じゅん子選対本部長と一緒に党ネット番組に出演した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 公示翌日、与野党の舌戦本格化 (10/20)

     衆院選公示翌日の20日、与野党の党首ら幹部は各地で街頭演説などに臨み、31日の投開票に向けて舌戦を本格化させた。党の掲げる公約や政治姿勢を力説し、有権者に支持を訴えた。新型コロナウイルス対策や経済政...

  • 1票の格差、最大2・09倍 (10/20)

     総務省は19日、衆院選公示に合わせて18日現在の選挙人名簿登録者数(有権者数)を発表した。共同通信社の試算では、全国289小選挙区の「1票の格差」は最大2・09倍だった。2017年の前回衆院選では、...

  • 都内の時短要請、解除へ調整 (10/19)

     東京都が新型コロナ対策の認証を受けた飲食店を対象とした午後8時までの酒類提供や午後9時閉店の営業時間短縮要請について、今月24日の期限で解除する方向で調整していることが19日、関係者への取材で分かっ...

  • 自民・立民、政権懸け対決 (10/19)

     第49回衆院選は19日公示され、小選挙区と比例代表の全465議席に1051人が立候補した。現行制度下で最も少なかった05年衆院選の1131人を下回った。立憲民主、共産両党を中心とした候補者調整が影響...

  • 小選挙区4分の3で統一候補対決 (10/19)

     19日公示の衆院選で289小選挙区の対決の構図を見ると、4分の3に当たる217選挙区で自民、公明両党の与党公認候補と、立憲民主、共産、国民民主、社民の4野党一本化候補が争う展開となった。4党とれいわ...

 あなたにおすすめの記事