ニュース

中国、地方政府が恒大の監視強化 資金流用防ぐため

2021/9/27 16:15
 中国恒大集団の本社ビル=26日、中国広東省深セン市(ロイター=共同)

 中国恒大集団の本社ビル=26日、中国広東省深セン市(ロイター=共同)

 【北京共同】経営危機に陥った不動産大手、中国恒大集団が住宅建設の資金を別事業の債務返済に流用しないよう、中国各地の地方政府が管理を強め始めた。中国メディアが27日までに報じた。建設が頓挫すれば支払い済みの購入者がパニックに陥るためだ。恒大の綱渡りの経営が続いている。

 中国メディア「財新ネット」によると、恒大は中国各地で1200カ所以上の住宅などを販売し、完成していないものも多い。江蘇、安徽、河南の各省などでは地方政府が恒大専用の口座を開設。恒大に住宅購入者が支払った資金などを預かり、監視下に置いた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 日清フーズが値上げへ (10/25)

     日清フーズは25日、世界的な原材料費の高騰や原油高に伴う包材費上昇のため、家庭用の小麦粉製品など151品目を約3〜9%値上げすると発表した。小麦粉やパン粉、ミックス製品は来年1月4日納品分から、乾麺...

  • 豪通信・政府が異例の買収 (10/25)

     【シドニー共同】オーストラリアの通信最大手テルストラは25日、世界各国で携帯電話事業を手掛ける通信大手デジセルの南太平洋部門を16億ドル(約1800億円)で買収すると発表した。費用の大半の13億3千...

  • 為替相場  25日(日本時間19時) (10/25)

    19時現在           1ドル=             113円62銭〜          113円63銭    前日比  +0円26銭   1ユーロ=            132円10銭...

  • パナ、EV用新電池を公開 (10/25)

     パナソニックは25日、電気自動車(EV)に搭載する新型リチウムイオン電池「4680」の試作品を初公開した。大型化で電池容量を従来品の約5倍に拡大し、生産コスト削減につなげる狙い。効率的な生産方法を研...

  • 東京円、113円台後半 (10/25)

     週明け25日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=113円台後半で取引された。 午後5時現在は前週末比25銭円高ドル安の1ドル=113円63〜65銭。ユーロは11銭円高ユーロ安の1ユーロ=132円46...

 あなたにおすすめの記事