ニュース

WTO、日中の係争でパネル設置 ステンレス製品巡り

2021/9/27 23:47

 【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)の紛争処理機関(DSB)は27日、日本製ステンレス製品に中国が反ダンピング(不当廉売)関税を課しているのは不当として日本が中国をWTOに提訴した案件で、裁判の「一審」に相当する紛争処理小委員会(パネル)の設置を決定した。

 日中の協議が不調に終わったことを受け、日本側が8月のDSB会合でパネル設置を要求したが、中国が拒否。2回目の要求では日本を含む全加盟国が反対しない限り、設置されるとの規定に沿って今回、承認された。

 今後、パネルを構成する3人の通商問題専門家を選出後、原則として半年以内に結論となる報告が出る。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  23日(日本時間 0時) (10/23)

     0時現在           1ドル=             113円60銭〜          113円61銭    前日比  +0円28銭   1ユーロ=            132円28銭...

  • 新生銀行、SBIと協議継続 (10/23)

     新生銀行の工藤英之社長が22日、共同通信のインタビューに応じ、SBIホールディングスからの株式公開買い付け(TOB)に「折り合えば賛同する」と述べ、協議を続ける考えを示した。株主の利益を最大化するた...

  • NY株、一時最高値 (10/22)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日からの上げ幅が一時140ドルを超え、取引時間中の過去最高値を更新した。中国不動産大手、中国恒大集団が当面のデフォル...

  • NY円、113円後半 (10/22)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比21銭円高ドル安の1ドル=113円74〜84銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1624〜34ドル、132円30〜4...

  • 東京機械、買収防衛策を可決 (10/22)

     新聞輪転機メーカーの東京機械製作所は22日、東京都内で臨時株主総会を開き、大株主で投資会社のアジア開発キャピタルグループに対する買収防衛策の発動が賛成多数で可決された。反発するアジア開発側は発動差し...

 あなたにおすすめの記事