ニュース

福島・大熊町が再エネ会社 地元企業と設立、脱炭素へ

2021/9/28 13:22
 福島県大熊町役場で開かれた「大熊るるるん電力」の設立式=28日午前

 福島県大熊町役場で開かれた「大熊るるるん電力」の設立式=28日午前

 東京電力福島第1原発が立地する福島県大熊町は28日、再生可能エネルギー導入を進めるための新会社「大熊るるるん電力」を地元企業とともに設立した。原発事故で約8年の全町避難を強いられた町は、原発や化石燃料に頼らず、2040年度に二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにするゼロカーボンの目標を掲げている。

 町が新会社の筆頭株主となり、プラント建設業者と金融機関が共同出資。当面は他社から電力を調達し、来年度から町内で小売りを始める。太陽光や風力、波力など自社の発電設備を拡充し電力の地産地消を進め、25年ごろに余剰分の町外販売開始も目指す。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内感染509人、死亡13人 (10/16)

     国内で16日、新たに509人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は大阪78人、東京66人、神奈川36人、愛知33人など。死者は東京7人などで計13人が報告された。 厚生労働省によると、全国の...

  • 3回目接種、予約見直し53% (10/16)

     新型コロナワクチンの3回目接種について、47都道府県庁所在地(東京は新宿区)のうち、53・1%に当たる25市区が予約受け付け方法の見直しを検討していることが16日、共同通信の調査で分かった。65歳以...

  • 12年かけて小惑星群観測へ (10/16)

     【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は16日、小惑星群「木星トロヤ群」の世界で初めての接近観測を目指す探査機ルーシーを、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げた。12年かけ、木星とほ...

  • 絶滅危惧のプラナリア確認 (10/16)

     大津市の認定NPO法人「びわ湖トラスト」は16日、環境省のレッドリストで絶滅危惧1類に指定されている琵琶湖固有種のプラナリア「ビワオオウズムシ」が、湖の今津沖(滋賀県高島市)で今年7月に約80匹見つ...

  • 東京で66人感染、7人死亡 (10/16)

     東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに66人報告されたと発表。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は63・3人に減り、前週比は49%。40〜80代の男女7人の死亡も確認された。 ...

 あなたにおすすめの記事