ニュース

レーガン氏銃撃犯、自由の身に 来年6月、行動制限を解除

2021/9/28 14:49
 ジョン・ヒンクリー元被告=2003年(AP=共同)

 ジョン・ヒンクリー元被告=2003年(AP=共同)

 【ワシントン共同】米ワシントンの連邦地裁は27日、1981年に当時のレーガン大統領を銃撃して負傷させ、その後に心神喪失で無罪となったジョン・ヒンクリー元被告(66)に課せられていた行動制限について、安定した状態を保つことができれば来年6月に解除して自由の身とすることを認める判断を示した。米メディアが報じた。

 ヒンクリー元被告は82年に無罪評決を受け、その後にワシントンの精神科病院に入院した。2016年に退院し、行動制限を課された上で南部バージニア州で母親と共に住んでいた。母親は今夏、死亡したという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • ロシアでメタン大量漏出 (10/20)

     【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は19日、ロシア中部タタルスタン共和国で6月に地下ガスパイプラインから地球温暖化を強力に引き起こすメタンが大量漏出しているのを欧州の人工衛星が捉えた...

  • 潜水艦から弾道ミサイル発射 (10/20)

     【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は20日、同国の国防科学院が19日に新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を行ったと報じた。潜水艦から発射し、成功したとしている。

  • EU、ポーランドと応酬 (10/20)

     【ブリュッセル共同】ポーランド憲法裁判所が今月、欧州連合(EU)法が国内法より優先されるとのEU原則を否定する判断を下した問題に関し、フランス・ストラスブールでの欧州議会で19日、EUのフォンデアラ...

  • 対北朝鮮、抑止力強化確認 (10/20)

     【ワシントン共同】日米韓3カ国は19日、北朝鮮担当高官による協議を米首都ワシントンで開いた。日本の外務省筋によれば、北朝鮮による相次ぐミサイル発射を巡って、外交努力や抑止力を高める必要性を確認した。...

  • 北京聖火は「抑圧の象徴」 (10/19)

     【アテネ共同】中国の人権問題を理由に、北京冬季五輪に反対している国際人権団体グループが19日、アテネで記者会見し、ウイグル人女性のズムレタイ・アーキン氏は「聖火リレーは私たちにとっては中国による抑圧...

 あなたにおすすめの記事