ニュース

中国恒大、地元当局が調査 投資商品の返済求める

2021/9/28 20:28
 中国恒大集団のロゴ=26日、中国・深セン(ロイター=共同)

 中国恒大集団のロゴ=26日、中国・深セン(ロイター=共同)

 【北京共同】経営危機に陥った不動産大手、中国恒大集団のグループ会社が販売した投資商品に関して、恒大本社がある広東省深セン市の金融当局が28日までに調査を開始した。投資家への返済に努めるよう恒大に求めたという。ロイター通信が報じた。恒大集団は29日が社債の利払い期日で、資金繰りが苦しい状態が続いている。

 深セン市当局は恒大傘下の資産運用会社「恒大財富」に対する「全面的な調査」を始めた。当局が投資家らに送った書簡で明らかにしたという。恒大集団と恒大財富に、投資家への返済に向けた努力も促した。

 市場では中国の不動産業界全体に対する業績低迷への懸念も出ている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  18日(日本時間 7時) (10/18)

     7時現在           1ドル=             114円20銭〜          114円29銭    前日比  −0円11銭   1ユーロ=            132円48銭...

  • 為替相場  16日(日本時間 6時) (10/18)

     6時現在           1ドル=             114円20銭〜          114円23銭    前日比  −0円11銭   1ユーロ=            132円45銭...

  • 経済安保へ1千億円基金を創設 (10/17)

     山際大志郎経済再生担当相は17日のフジテレビ番組で、人工知能(AI)やバイオ、ロボットといった先端技術を育成するため、1千億円規模の基金を創設することを明らかにした。経済安全保障の観点で企業の研究開...

  • 小規模M&A、コロナ禍で最多に (10/16)

     新型コロナウイルス禍で小規模事業者が売り手となる合併・買収(M&A)が増加し、21年度上半期(4〜9月)の買収件数が半期ベースで最多となったことが16日、分かった。国が運営する支援機関が関わった案件...

  • 仮想通貨配布で個人情報盗難か (10/16)

     【サンサルバドル共同】世界で初めて暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨とした中米エルサルバドルで、ビットコイン用のスマートフォン専用アプリを巡って、個人情報が盗まれたなどとする届け出が15日...

 あなたにおすすめの記事