ニュース

殺人容疑で11人追加告訴へ 熱海土石流、起点旧所有者を

2021/9/28 18:47

 静岡県熱海市で7月に発生した大規模土石流の遺族と行方不明者の家族計11人が、殺人容疑で起点の土地の旧所有者を刑事告訴する方針であることが28日、分かった。民事提訴後の記者会見で弁護団が明らかにした。既に遺族1人が業務上過失致死容疑で告訴。当初、殺人容疑での告訴は6人程度にとどまる見通しだったが、他の遺族らからも賛同を得られたという。10月中にも県警に告訴状を提出する。

 加藤博太郎弁護士は会見で「多くの人命が失われた。盛り土を行った業者の責任は極めて重い」と語った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 女性刺殺疑い、元夫を逮捕 (10/17)

     兵庫県尼崎市昭和通4丁目のマンション敷地内で住人の医療系事務員森本彩加さん(28)が刺殺された事件で、尼崎南署捜査本部は16日、殺人の疑いで、現場からバイクで逃走した同県西宮市甲子園八番町の集合住宅...

  • 殺人未遂容疑で母親逮捕 (10/17)

     鹿児島県霧島市のアパートの一室で、住人の母親と女児、男の乳児の計3人が血を流して倒れていた事件で、県警は16日、子ども2人への殺人未遂容疑で30代の母親を逮捕した。「子育てに悩んでいた」と容疑を認め...

  • 事件後は「人いない所へ」 (10/16)

     甲府市で住宅が放火され、住人の井上盛司さん夫婦とみられる遺体が見つかった事件で、次女への傷害容疑で逮捕された少年(19)が、「長女に交際を断られた」という内容の供述をしていることが16日、捜査関係者...

  • 引き揚げの記憶、後世へ (10/16)

     平和祈念展示資料館(東京都)は16日、終戦後に旧満州から引き揚げた漫画家らによるオンライン座談会「戦後76年 あの日の記憶をつなぐ」を開いた。「あしたのジョー」で知られるちばてつやさんら4人が当時の...

  • 医師実刑、二審判決を見直しか (10/16)

     最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は16日までに、東京都足立区の病院で2016年、手術後の女性患者にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた医師関根進被告(45)の上告審弁論を来年1月2...

 あなたにおすすめの記事