ニュース

東証続落、終値は2万9452円 中国の景気減速懸念が悪材料に

2021/9/30 15:13

 30日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。中国の景気減速懸念が悪材料だった。新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除を控え、鉄道などの陸運や百貨店などの小売り銘柄が値を上げたことは株価を下支えした。

 終値は前日比91円63銭安の2万9452円66銭。東証株価指数(TOPIX)は8・13ポイント安の2030・16。出来高は約15億5125万株だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  26日(日本時間22時) (10/26)

    22時現在           1ドル=             114円13銭〜          114円14銭    前日比  −0円50銭   1ユーロ=            132円60銭...

  • NY円、114円前半 (10/26)

     【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比39銭円安ドル高の1ドル=114円06〜16銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1606〜16ドル、132円46〜5...

  • 豪産ワイン、WTOがパネル設置 (10/26)

     【ジュネーブ共同】中国がオーストラリア産ワインに反ダンピング(不当廉売)関税を課しているのは不当だとして、オーストラリアが中国を世界貿易機関(WTO)に提訴した案件で、WTOは26日の紛争処理機関(...

  • 日立金属、新たな検査不正 (10/26)

     日立金属は26日、航空機エンジンや発電用タービンの部品に使われる特殊鋼製品で新たに検査不正が見つかったと発表した。105社に納入した約380鋼種で検査結果を書き換えたり、顧客と取り決めた手法と異なる...

  • 米政権、大型歳出の規模半減へ (10/26)

     【ワシントン共同】バイデン米政権は25日、成長戦略の一つの柱である総額3兆5千億ドル(約400兆円)の大型歳出法案の規模を半額近くに大幅に縮小する方向で検討に入った。法案を巡り対立が続く与党民主党の...

 あなたにおすすめの記事