ニュース

新生銀、買収防衛即時発動見送り TOB延長受け

2021/10/1 11:46

 新生銀行は1日、SBIホールディングスからの株式公開買い付け(TOB)に対し、買収防衛策の即時発動に向けた新株予約権の発行を見送ると発表した。SBI側がTOB期間の延長に応じたため。買収防衛策を発動するかどうかの検討は今後も続け、10月中にも正式に判断する。

 SBIは当初、TOB期間を10月25日までとしたが、新生銀は買収防衛策に関する検討に時間が必要だとして、12月8日までの延長を要求。SBIが応じない場合、既存株主に新株予約権を無償で割り当て、買収防衛策の早期発動に動く構えを示していた。

 SBIは9月29日に延長を表明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  18日(日本時間 6時) (10/18)

     6時現在           1ドル=             114円20銭〜          114円23銭    前日比  −0円11銭   1ユーロ=            132円38銭...

  • 為替相場  16日(日本時間 6時) (10/18)

     6時現在           1ドル=             114円20銭〜          114円23銭    前日比  −0円11銭   1ユーロ=            132円45銭...

  • 経済安保へ1千億円基金を創設 (10/17)

     山際大志郎経済再生担当相は17日のフジテレビ番組で、人工知能(AI)やバイオ、ロボットといった先端技術を育成するため、1千億円規模の基金を創設することを明らかにした。経済安全保障の観点で企業の研究開...

  • 小規模M&A、コロナ禍で最多に (10/16)

     新型コロナウイルス禍で小規模事業者が売り手となる合併・買収(M&A)が増加し、21年度上半期(4〜9月)の買収件数が半期ベースで最多となったことが16日、分かった。国が運営する支援機関が関わった案件...

  • 仮想通貨配布で個人情報盗難か (10/16)

     【サンサルバドル共同】世界で初めて暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨とした中米エルサルバドルで、ビットコイン用のスマートフォン専用アプリを巡って、個人情報が盗まれたなどとする届け出が15日...

 あなたにおすすめの記事