ニュース

北海道でウニとサケ大量死 赤潮が影響か、漁師「無念」

2021/10/2 16:42

 北海道の中央部から東部にかけての太平洋沿岸でウニやサケが大量に死んでいるのが2日までに見つかった。9月下旬には同じ海域で過去に例を見ない規模の赤潮の発生が確認され、道が因果関係を調査中。ただ深刻化する被害の収束にメドはつかず、漁師らからは「無念」「生計が立てられない」と悲鳴が上がる。

 赤潮は主に植物プランクトンが大量発生し、海水が赤褐色や茶褐色に色づく現象。プランクトンが出す物質が魚のえらの細胞を壊して呼吸困難にさせ、大量死を引き起こすとされる。今回の発生について、道は今夏の海水温の高さが影響した可能性があると指摘する。


この記事の写真

  •  死んだサケの状態を説明する男性漁師=1日、北海道豊頃町

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 22日13時     (10/22)

    <225種>          28899円02銭      前日比 +190円44銭  <TOPIX>         2008.08        前日比 +07.27    

  • 為替相場  22日(日本時間13時) (10/22)

    13時現在           1ドル=             114円07銭〜          114円11銭    前日比  +0円04銭   1ユーロ=            132円63銭...

  • 米、デジタル税紛争で妥結 (10/22)

     【ワシントン、ロンドン共同】米政権は21日、個別国による巨大IT企業への「デジタル課税」導入を巡る紛争で、英国やフランスなど欧州5カ国と妥結したと発表した。国際的に合意したデジタル課税の枠組みが発効...

  • 東証、午前終値は2万8892円 (10/22)

     22日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発し、前日終値比の上げ幅が一時250円を超えた。経営危機に陥った不動産大手、中国恒大集団が米ドル建て債の利払いを実行すると伝わり、投資家心理が改...

  • 中国恒大、ドル建て社債利払いへ (10/22)

     【北京共同】中国メディアは22日、経営危機に陥った不動産大手、中国恒大集団が、23日に期限を迎える米ドル建て債の約8350万ドル(約95億円)の利払いを実行すると報じた。資金繰りの悪化でデフォルト(...

 あなたにおすすめの記事