ニュース

大阪ガス、飲料工場の茶殻燃料に 新ボイラーシステム開発

2021/10/2 16:43
 和歌山ノーキョー食品工業の飲料工場で排出された茶殻=9月、和歌山県海南市

 和歌山ノーキョー食品工業の飲料工場で排出された茶殻=9月、和歌山県海南市

 大阪ガスは、飲料工場での麦茶の製造に伴い排出される茶殻を燃料に蒸気を発生させるボイラーシステムを開発した。廃棄していた茶殻を有効活用し、化石燃料と比べ二酸化炭素(CO2)排出量が少ないバイオマスの燃料として脱炭素にもつなげる。第1弾は和歌山ノーキョー食品工業の海南工場(和歌山県海南市)に導入し、2023年5月に稼働する予定だ。

 麦茶の茶殻は水分が多いため、燃焼が難しく廃棄していたが、高温の砂の中で動かしながら茶殻を燃やす炉によって安定燃焼を実現。大ガスによると、茶殻を燃料として蒸気を発生させるボイラーシステムは国内で初めて。コーヒーかすなども燃料となる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ロシア、1日の死者最悪更新 (10/20)

     【モスクワ共同】ロシア政府の新型コロナウイルス対策本部は20日、感染による死者数が1日当たり過去最悪の1028人を記録したと発表した。全土での新規感染者数は3万4千人を超え、感染拡大に歯止めがかかっ...

  • 納棺師、着脱容易な防護服を開発 (10/20)

     東日本大震災で300人以上の遺体の修復に携わってきた岩手県北上市の復元納棺師笹原留似子さん(49)が20日、自身が開発した感染防護服230枚を岩手県医師会に寄贈した。新型コロナ禍を念頭に、着脱時間を...

  • 食物アレルギー児への対応強化 (10/20)

     厚生労働省は、食物アレルギーなどのある子どもへの対応に関し、主治医が生活上の注意点を記した文書を作り学校に提供した場合、文書代を公的医療保険の対象とする方向で検討に入った。保護者の負担を軽減すること...

  • 391人感染、10人死亡 (10/20)

     国内で20日、新たに391人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は大阪73人、東京41人、愛知26人など。死者は東京5人、神奈川2人など計10人が報告された。 厚生労働省によると、全国の重症...

  • 東京で41人感染、5人死亡 (10/20)

     東京都は20日、新型コロナウイルスの感染者が新たに41人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は47・3人に減少し、前週比は53・3%。60〜80代の男女5人の死亡も確認...

 あなたにおすすめの記事