ニュース

水星探査機、初の接近画像 日欧共同計画進む

2021/10/3 22:30
 水星探査計画「ベピコロンボ」で、探査機により撮影された水星(欧州宇宙機関提供・AP=共同)

 水星探査計画「ベピコロンボ」で、探査機により撮影された水星(欧州宇宙機関提供・AP=共同)

 【パリ共同】欧州宇宙機関(ESA)は2日、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で進めている水星探査計画「ベピコロンボ」で、飛行中の探査機が水星に初めて接近した際の画像を発表した。

 太陽系で最も太陽に近い惑星、水星を探査するベピコロンボでは、日本と欧州がそれぞれ開発した探査機2基を2018年にロケットで打ち上げた。探査機は太陽の周りを何度も回り、徐々に速度を落としながら水星に接近する。今回、日本時間2日朝に水星から約200キロまで一時近づいた。画像では多数のクレーターが見て取れる。

 探査機は今後飛行を続け、水星の周回軌道に入るのは25年の予定。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ロシア、1日の死者最悪更新 (10/20)

     【モスクワ共同】ロシア政府の新型コロナウイルス対策本部は20日、感染による死者数が1日当たり過去最悪の1028人を記録したと発表した。全土での新規感染者数は3万4千人を超え、感染拡大に歯止めがかかっ...

  • 納棺師、着脱容易な防護服を開発 (10/20)

     東日本大震災で300人以上の遺体の修復に携わってきた岩手県北上市の復元納棺師笹原留似子さん(49)が20日、自身が開発した感染防護服230枚を岩手県医師会に寄贈した。新型コロナ禍を念頭に、着脱時間を...

  • 食物アレルギー児への対応強化 (10/20)

     厚生労働省は、食物アレルギーなどのある子どもへの対応に関し、主治医が生活上の注意点を記した文書を作り学校に提供した場合、文書代を公的医療保険の対象とする方向で検討に入った。保護者の負担を軽減すること...

  • 391人感染、10人死亡 (10/20)

     国内で20日、新たに391人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は大阪73人、東京41人、愛知26人など。死者は東京5人、神奈川2人など計10人が報告された。 厚生労働省によると、全国の重症...

  • 東京で41人感染、5人死亡 (10/20)

     東京都は20日、新型コロナウイルスの感染者が新たに41人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は47・3人に減少し、前週比は53・3%。60〜80代の男女5人の死亡も確認...

 あなたにおすすめの記事