ニュース

米製コロナ飲み薬で調達協議 メルク開発中、早期承認を目指す

2021/10/4 12:35
 厚生労働省

 厚生労働省

 米製薬大手メルクが新型コロナウイルスの軽症者向けに開発中の飲み薬について、厚生労働省が国内での調達に向けた協議を進めていることが4日、分かった。メルクは近く米国内での緊急使用許可を申請する見通しで、厚労省は使用許可が下り、国内で承認申請されれば早期の承認を目指す。

 開発中の薬はウイルスの侵入や増殖を防ぐ抗ウイルス薬「モルヌピラビル」。点滴など医療関係者の関与が必要だった従来の薬とは異なり、自宅で服用できるため、医療機関の負荷が軽減されるとの期待がある。

 新型コロナの飲み薬を巡っては、米ファイザーやスイスのロシュ、日本の塩野義製薬も開発を進めている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京で32人感染、1人死亡 (10/23)

     東京都は23日、新型コロナウイルスの感染者が新たに32人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は34・3人に減少し、前週比は54・2%。60代男性1人の死亡も確認された。...

  • 273億円の防潮堤、建設せず (10/23)

     日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(茨城県、廃止措置中)に防潮堤を建設する場合の総工事費は約273億円と同機構が試算していたことが23日、分かった。同施設では極めて強い放射線を出す廃液を保管中だ...

  • ヘルパーの4人に1人が高齢者 (10/23)

     介護が必要な人の自宅などを訪問し、日常生活を助けるホームヘルパー(訪問介護員)の4人に1人が65歳以上の高齢者であることが、公益財団法人「介護労働安定センター」の調査で分かった。介護業界の中でもヘル...

  • 40年超の美浜原発、停止へ (10/23)

     関西電力は23日、運転開始から44年を超え6月に再稼働した美浜原発3号機(福井県美浜町)の原子炉を停止させた。テロ対策のための「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の設置が期限の今月25日に間に合わ...

  • 風疹検査、目標の4割未満 (10/23)

     風疹の拡大防止策として中高年の男性を対象に実施している無料の抗体検査を受けた人は約337万人で、目標の4割未満に低迷していることが23日、厚生労働省の調査で分かった。新型コロナウイルスの流行で、医療...

 あなたにおすすめの記事