ニュース

東京円、111円台前半 

2021/10/4 19:04

 週明け4日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=111円台前半で取引された。

 午後5時現在は前週末比10銭円高ドル安の1ドル=111円16〜18銭。ユーロは23銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円05〜09銭。

 前週末の米長期金利が低下傾向だったことを背景に、朝方は日米金利差縮小を意識した円買いドル売りが先行した。その後は中国経済の減速懸念などから安全資産とされる円を買う動きや、国内輸入企業による円売りが出て交錯した。

 市場では「岸田新政権の発足は投資家の間で認識されており、為替相場への影響は限定的だった」との声が聞かれた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  19日(日本時間20時) (10/19)

    20時現在           1ドル=             114円16銭〜          114円20銭    前日比  +0円13銭   1ユーロ=            133円10銭...

  • ソラシドエア、食材を当日空輸 (10/19)

     中堅航空会社ソラシドエア(宮崎市)は19日、宮崎で朝に採れた野菜や魚などの食材を航空機に積み、その日のうちに首都圏に輸送する事業を27日に始めると発表した。新型コロナウイルス禍で乗客が減少しており、...

  • 2人一緒なら飲み物おごります (10/19)

     サントリー食品インターナショナルは19日、企業に置く飲料自動販売機の新サービスを始めると発表した。社員2人が社員証を同時にかざすと飲料2本が無料で出てくる仕掛けがあり「社長のおごり自販機」と名付けた...

  • バイト時給、9月は最高更新 (10/19)

     リクルート(東京)は19日までに、首都圏と東海、関西の三大都市圏でアルバイトやパートの9月の平均時給が前年同月比11円増の1102円だったと発表した。9カ月ぶりに過去最高額を更新。介護、医療関係の上...

  • 農地集積目標、4割届かず (10/19)

     農業の担い手が減少する中、意欲のある農家へ土地を集積する事業を、会計検査院が11道県の281地区で調べたところ、4割に当たる117地区で集積面積の目標を達成できなかったことが19日、分かった。このう...

 あなたにおすすめの記事