ニュース

原油供給、従来方針を維持 NY相場、7年ぶり高値

2021/10/5 0:26

 【ロンドン、ニューヨーク共同】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は4日、閣僚級会合を開き、原油の協調減産を毎月日量40万バレルずつ縮小する従来方針の維持を決めた。エネルギー価格高騰により世界各国でインフレが加速し消費国は追加の増産を求めていたが、需給を左右する新型コロナウイルスの動向が不透明で見送った。

 追加の増産を見送ったことで需給の逼迫懸念が広がり、4日のニューヨーク原油先物市場では指標となる米国産標準油種(WTI)が一時1バレル=77ドル台まで上昇。2014年11月以来、約7年ぶりの高値をつけた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • レンタカーにテスラのEV (10/26)

     【ニューヨーク共同】米レンタカー大手のハーツは25日、米テスラの電気自動車(EV)を来年末までに10万台導入する計画を発表した。充電設備網の整備も進める。消費者の環境意識の高まりに対応し、経営再建に...

  • 為替相場  26日(日本時間 5時) (10/26)

     5時現在           1ドル=             113円70銭〜          113円74銭    前日比  −0円07銭   1ユーロ=            132円05銭...

  • 為替相場  26日(日本時間 2時) (10/26)

     2時現在           1ドル=             113円72銭〜          113円76銭    前日比  −0円09銭   1ユーロ=            131円98銭...

  • NY株、もみ合い (10/25)

     【ニューヨーク共同】週明け25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合う展開となり、午前10時現在、前週末比40・15ドル高の3万5717・17ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック...

  • NY原油、一時85ドル台 (10/25)

     【ニューヨーク共同】週明け25日のニューヨーク原油先物相場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)12月渡しが一時1バレル=85ドル台に上昇した。需給逼迫への警戒感から買われ、2014年10月以来、...

 あなたにおすすめの記事