ニュース

NY株、一時400ドル超安 長期金利上昇、ITに売り

2021/10/5 0:41

 【ニューヨーク共同】週明け4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前週末と比べた下げ幅が一時400ドルを超えた。米長期金利が上昇傾向となり、相対的に割高感が意識されやすいIT関連銘柄に売りが出た。

 中国不動産大手、中国恒大集団のデフォルト(債務不履行)への懸念も続き、投資家心理を冷やした。

 午前11時20分現在は前週末比357・51ドル安の3万3968・95ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は337・67ポイント安の1万4229・03。

 開発中の新型コロナ感染症の飲み薬で効果を確認したと発表した医薬品大手メルクは買われた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 22日13時     (10/22)

    <225種>          28899円02銭      前日比 +190円44銭  <TOPIX>         2008.08        前日比 +07.27    

  • 為替相場  22日(日本時間13時) (10/22)

    13時現在           1ドル=             114円07銭〜          114円11銭    前日比  +0円04銭   1ユーロ=            132円63銭...

  • 米、デジタル税紛争で妥結 (10/22)

     【ワシントン、ロンドン共同】米政権は21日、個別国による巨大IT企業への「デジタル課税」導入を巡る紛争で、英国やフランスなど欧州5カ国と妥結したと発表した。国際的に合意したデジタル課税の枠組みが発効...

  • 東証、午前終値は2万8892円 (10/22)

     22日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発し、前日終値比の上げ幅が一時250円を超えた。経営危機に陥った不動産大手、中国恒大集団が米ドル建て債の利払いを実行すると伝わり、投資家心理が改...

  • 中国恒大、ドル建て社債利払いへ (10/22)

     【北京共同】中国メディアは22日、経営危機に陥った不動産大手、中国恒大集団が、23日に期限を迎える米ドル建て債の約8350万ドル(約95億円)の利払いを実行すると報じた。資金繰りの悪化でデフォルト(...

 あなたにおすすめの記事