ニュース

IMF「世界リスク顕著に」 物価高や債務膨張、予測下振れ

2021/10/5 22:08
 IMFのゲオルギエワ専務理事(ロイター=共同)

 IMFのゲオルギエワ専務理事(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は5日、今月公表する新たな世界経済見通しで、2021年の実質成長率を小幅に下方修正すると明らかにした。コロナワクチンが確保できない途上国の打撃に加え、物価高や債務の膨張により「世界の均衡がとれた回復へ、リスクや障害がさらに顕著になっている」と述べた。

 前回7月時点では6%成長を予測。ワクチンが普及しなければ今後5年間で世界の国内総生産(GDP)の損失総額は5兆3千億ドル(約588兆円)に達する可能性があると指摘。コロナ対策などによって世界の政府債務はGDP総額に匹敵する規模に拡大すると語った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  18日(日本時間 7時) (10/18)

     7時現在           1ドル=             114円20銭〜          114円29銭    前日比  −0円11銭   1ユーロ=            132円48銭...

  • 為替相場  16日(日本時間 6時) (10/18)

     6時現在           1ドル=             114円20銭〜          114円23銭    前日比  −0円11銭   1ユーロ=            132円45銭...

  • 経済安保へ1千億円基金を創設 (10/17)

     山際大志郎経済再生担当相は17日のフジテレビ番組で、人工知能(AI)やバイオ、ロボットといった先端技術を育成するため、1千億円規模の基金を創設することを明らかにした。経済安全保障の観点で企業の研究開...

  • 小規模M&A、コロナ禍で最多に (10/16)

     新型コロナウイルス禍で小規模事業者が売り手となる合併・買収(M&A)が増加し、21年度上半期(4〜9月)の買収件数が半期ベースで最多となったことが16日、分かった。国が運営する支援機関が関わった案件...

  • 仮想通貨配布で個人情報盗難か (10/16)

     【サンサルバドル共同】世界で初めて暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨とした中米エルサルバドルで、ビットコイン用のスマートフォン専用アプリを巡って、個人情報が盗まれたなどとする届け出が15日...

 あなたにおすすめの記事