ニュース

アンモニアで発電実験開始 ジェラ、愛知・碧南火力発電所で

2021/10/6 16:42

 東京電力ホールディングスと中部電力が出資する発電会社JERA(ジェラ)は6日、碧南火力発電所(愛知県碧南市)で、アンモニアを燃料に混ぜて発電する実験を始めたと発表した。

 アンモニアは燃やしても二酸化炭素(CO2)が発生しない。実験は2022年3月までで、アンモニアを燃料の石炭に0・02%混ぜて燃やす。期間中に計約200トンのアンモニアを使用し、40万キロワット時分の電力をCO2を出さずに発電できる見込みという。

 今回の実験で、アンモニアの混焼用のボイラー開発のため材質などの検証を行い、24年度にアンモニアを20%混ぜて発電する大規模実験を目指している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京で19人感染、今年最少 (10/24)

     東京都は24日、新型コロナウイルスの感染者が新たに19人報告されたと発表した。今年の最少を更新した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は31・3人に減り、前週比は51・8%。入院患者のうち...

  • 中国、コロナ再拡大じわり (10/24)

     【大連共同】中国で新型コロナウイルス感染の再拡大がじわじわと進んでいる。旅行客が多く訪れる観光地などで相次ぎ感染者を確認。24日までに11の省・直轄市・自治区に波及した。1日当たりの全国の新規発症者...

  • 千葉で2人感染、今年最少 (10/24)

     千葉県で24日、2人の新型コロナウイルス感染が確認された。県によると、1日当たりの新規感染者数の発表として今年最少となった。 発表の内訳は、県が1人、船橋市が1人。死者の発表はなかった。

  • サウジ、2060年に排出ゼロ (10/23)

     【カイロ共同】世界最大級の産油国サウジアラビアの実力者ムハンマド皇太子は23日、同国の温室効果ガス排出量を2060年までに実質ゼロにすることを目指すと表明した。今月末から英国で開催される国連気候変動...

  • 「着床前検査」の実施容認へ (10/23)

     流産を防ぐため、体外受精した受精卵の染色体に異常がないかどうかを調べる「着床前検査」を巡り、日本産科婦人科学会(日産婦)は23日、検査を受けられる患者や施設の基準を来年初めにも策定し、不妊治療クリニ...

 あなたにおすすめの記事