ニュース

公取、スマホOS市場の調査開始 巨大IT影響警戒

2021/10/6 19:02

 公正取引委員会は6日、スマートフォンの基本ソフト(OS)市場の実態調査に乗り出すと発表した。米国の巨大ITで圧倒的なシェアを持つアップルやグーグルなどが、携帯メーカーといった企業に不利な取引を押し付けていないかどうかを確認する。独占禁止法上の問題が見つかれば、調査報告書で指摘し、改善を促す見通しだ。

 政府は、影響力の大きい巨大ITが公正な競争環境をゆがめていないか警戒している。デジタル規制の強化が検討課題になっており、公取委の調査結果がこうした議論に影響を与える可能性がある。

 公取委は企業への聞き取りや消費者アンケートを行う予定だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  23日(日本時間 1時) (10/23)

     1時現在           1ドル=             113円55銭〜          113円56銭    前日比  +0円33銭   1ユーロ=            132円08銭...

  • 新生銀行、SBIと協議継続 (10/23)

     新生銀行の工藤英之社長が22日、共同通信のインタビューに応じ、SBIホールディングスからの株式公開買い付け(TOB)に「折り合えば賛同する」と述べ、協議を続ける考えを示した。株主の利益を最大化するた...

  • NY株、一時最高値 (10/22)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日からの上げ幅が一時140ドルを超え、取引時間中の過去最高値を更新した。中国不動産大手、中国恒大集団が当面のデフォル...

  • NY円、113円後半 (10/22)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比21銭円高ドル安の1ドル=113円74〜84銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1624〜34ドル、132円30〜4...

  • 東京機械、買収防衛策を可決 (10/22)

     新聞輪転機メーカーの東京機械製作所は22日、東京都内で臨時株主総会を開き、大株主で投資会社のアジア開発キャピタルグループに対する買収防衛策の発動が賛成多数で可決された。反発するアジア開発側は発動差し...

 あなたにおすすめの記事