ニュース

世界レスリング、17歳藤波が金 ともに初出場、吉元も

2021/10/7 7:02
 女子53キロ級で優勝し、日の丸を掲げる藤波朱理=オスロ(日本レスリング協会提供)

 女子53キロ級で優勝し、日の丸を掲げる藤波朱理=オスロ(日本レスリング協会提供)

 レスリングの世界選手権第5日は6日、オスロで行われ、女子の53キロ級で17歳の藤波朱理(三重・いなべ総合学園高)、50キロ級で吉元玲美那(至学館大)が決勝で勝ち、初出場で金メダルを獲得した。65キロ級の森川美和(日体大)は決勝で敗れて銀メダルだった。

 68キロ級の宮道りん(日体大)は準決勝で東京五輪金メダルのタミラマリアナ・ストックメンサ(米国)にフォール勝ち。72キロ級の古市雅子(自衛隊)、59キロ級の花井瑛絵(至学館大)がともに7日(日本時間8日未明)の決勝に進み、銀メダル以上を確定させた。

 日本勢は東京五輪代表が出場していない。(共同)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 高木美帆、一戸が大会新でV (10/24)

     スピードスケートの全日本距離別選手権最終日は24日、長野市エムウェーブで行われ、女子1500メートルは世界記録を持つ高木美帆が大会記録を塗り替える1分54秒59で6連覇した。小平奈緒が1分55秒90...

  • タイトルホルダーが優勝、菊花賞 (10/24)

     第82回菊花賞(24日・阪神11R3000メートル芝18頭、G1)3歳クラシックレースの最終戦。4番人気のタイトルホルダー(横山武史騎乗)が3分4秒6で優勝、G1初勝利を飾った。1着賞金は1億2千万...

  • 小林陵侑、高梨沙羅がともに2冠 (10/24)

     ノルディックスキーの全日本選手権ジャンプ最終日は24日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場でNHK杯を兼ねてラージヒル(ヒルサイズ=HS137メートル)が行われ、男子は小林陵侑が141・5メートル、135...

  • 古江彩佳が2週連続優勝 (10/24)

     延田グループ・マスターズGCレディース最終日(24日・兵庫県マスターズGC=6571ヤード、パー72)首位から出た古江彩佳が1ボギー、4バーディーの69で回って通算12アンダー、276で逃げ切り、2...

  • ダウン症選手の陸上全国大会開催 (10/24)

     ダウン症の選手を対象とした陸上の全国大会が24日、宮崎市のひなた陸上競技場で行われた。全国規模の大会は他競技を含めて初の試み。日本知的障がい者陸上競技連盟の奥松美恵子理事長は「パラリンピックのレガシ...

 あなたにおすすめの記事