ニュース

オフィス空室率、7年ぶり高水準 都心5区、6・43%

2021/10/7 14:25
 東京都心部のビル群

 東京都心部のビル群

 オフィス仲介大手の三鬼商事が7日発表した9月末時点の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス平均空室率は、前月比0・12ポイント上昇し6・43%となった。19カ月連続で悪化し、2014年6月(6・45%)以来、7年3カ月ぶりの高水準だった。

 テレワークの普及で、オフィスを縮小する流れが続いている。9月は既存ビルの大型解約があったものの、新型コロナウイルス対策で広めのスペースを確保するため、オフィスを拡大する企業もあり、空室率は小幅な上昇にとどまった。

 地区別では全5区で前月から上昇した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 22日13時     (10/22)

    <225種>          28899円02銭      前日比 +190円44銭  <TOPIX>         2008.08        前日比 +07.27    

  • 為替相場  22日(日本時間13時) (10/22)

    13時現在           1ドル=             114円07銭〜          114円11銭    前日比  +0円04銭   1ユーロ=            132円63銭...

  • 米、デジタル税紛争で妥結 (10/22)

     【ワシントン、ロンドン共同】米政権は21日、個別国による巨大IT企業への「デジタル課税」導入を巡る紛争で、英国やフランスなど欧州5カ国と妥結したと発表した。国際的に合意したデジタル課税の枠組みが発効...

  • 東証、午前終値は2万8892円 (10/22)

     22日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発し、前日終値比の上げ幅が一時250円を超えた。経営危機に陥った不動産大手、中国恒大集団が米ドル建て債の利払いを実行すると伝わり、投資家心理が改...

  • 中国恒大、ドル建て社債利払いへ (10/22)

     【北京共同】中国メディアは22日、経営危機に陥った不動産大手、中国恒大集団が、23日に期限を迎える米ドル建て債の約8350万ドル(約95億円)の利払いを実行すると報じた。資金繰りの悪化でデフォルト(...

 あなたにおすすめの記事