ニュース

日本の医療「意思決定が官僚的」 病床逼迫でWHO元幹部

2021/10/7 17:37
 新型コロナ対策を巡り「多国間の協力関係が後退している」と危機感を示すケイジ・フクダ香港大公共衛生学院院長

 新型コロナ対策を巡り「多国間の協力関係が後退している」と危機感を示すケイジ・フクダ香港大公共衛生学院院長

 世界保健機関(WHO)事務局長補を務めた感染症の専門家のケイジ・フクダ香港大公共衛生学院院長が7日までに共同通信のインタビューに応じ、新型コロナウイルス拡大による医療逼迫を招いた一因とされる日本国内の病床不足について「医療制度における意思決定が非常に官僚的で、新しい状況に適応するのが難しくなっている可能性がある」と指摘した。

 岸田新政権は医療体制の確保を最重要課題の一つに掲げる。これには「患者の移動方法や医師ら医療資源の融通など、あらかじめ緊急時の計画を作る必要がある」と注文を付けた。

 国際的な対策には「多国間の協力関係が後退している」と危機感を示した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内感染509人、死亡13人 (10/16)

     国内で16日、新たに509人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は大阪78人、東京66人、神奈川36人、愛知33人など。死者は東京7人などで計13人が報告された。 厚生労働省によると、全国の...

  • 3回目接種、予約見直し53% (10/16)

     新型コロナワクチンの3回目接種について、47都道府県庁所在地(東京は新宿区)のうち、53・1%に当たる25市区が予約受け付け方法の見直しを検討していることが16日、共同通信の調査で分かった。65歳以...

  • 12年かけて小惑星群観測へ (10/16)

     【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は16日、小惑星群「木星トロヤ群」の世界で初めての接近観測を目指す探査機ルーシーを、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げた。12年かけ、木星とほ...

  • 絶滅危惧のプラナリア確認 (10/16)

     大津市の認定NPO法人「びわ湖トラスト」は16日、環境省のレッドリストで絶滅危惧1類に指定されている琵琶湖固有種のプラナリア「ビワオオウズムシ」が、湖の今津沖(滋賀県高島市)で今年7月に約80匹見つ...

  • 東京で66人感染、7人死亡 (10/16)

     東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに66人報告されたと発表。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は63・3人に減り、前週比は49%。40〜80代の男女7人の死亡も確認された。 ...

 あなたにおすすめの記事