ニュース

ワクチン追加供給で契約 ファイザー製1億2千万回

2021/10/8 11:19

 厚生労働省は8日、2022年1月から1億2千万回分の新型コロナウイルスワクチンの追加供給を受ける契約を米製薬大手ファイザーと結んだと発表した。契約は7日付。後藤茂之厚労相は閣議後会見で「円滑なワクチンの提供に向け取り組む」と述べた。

 追加のワクチン供給を巡り、政府は来年以降に米モデルナ製5千万回分、米ノババックス製1億5千万回分の供給を受ける契約を、日本での流通を担う武田薬品工業などと結んでいる。

 厚労省はワクチンの3回目の追加接種をする方針を9月に決定。年内の実施も視野に対象者などの検討を進める考えで、新たに供給されるワクチンも使用される見通し。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • アレルギー対応、保険適用へ (10/22)

     厚生労働省は22日、中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問機関)の会合で、食物アレルギーなどのある子どもの主治医が生活の注意点を記した文書を作り、学校や保育所などに提供した場合、新たに診療報酬...

  • 米のワクチン追加接種、3種に (10/22)

     【ワシントン共同】米疾病対策センターは21日、モデルナ製とジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製新型コロナウイルスワクチンについて、次第に低下する効果を回復させるための追加接種を推奨すると発表し...

  • 追加接種で発症を95%抑制 (10/22)

     【ワシントン共同】米ファイザーは21日、同社製の新型コロナウイルスワクチンの追加接種によって時間の経過とともに低下する効果を回復させ、発症を95・6%抑えられたとする臨床試験結果を発表した。試験は感...

  • 英コロナ感染者、再び5万人超え (10/22)

     【ロンドン共同】英政府は21日、新型コロナウイルスの1日当たりの感染者が5万2009人だったと発表した。5万人を超えたのは約3カ月ぶりで、人口の大半を占めるイングランドで7月19日に行動規制をほぼ撤...

  • 国内345人感染、16人死亡 (10/21)

     国内で21日、新たに345人の新型コロナウイルス感染者が確認された。都道府県別では大阪42人、神奈川39人、東京36人、兵庫29人、愛知22人など。死者は大阪6人、沖縄3人、東京と神奈川で各2人など...

 あなたにおすすめの記事