ニュース

生物多様性保全に10億円拠出 政府、国際会議で表明へ

2021/10/9 16:56
 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)閣僚級会合の本会議=2010年10月、名古屋市熱田区

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)閣僚級会合の本会議=2010年10月、名古屋市熱田区

 政府が、発展途上国の多様な生き物や豊かな生態系を守るための基金に、今後5年で計10億円を拠出する方針を固めたことが9日、関係者への取材で分かった。11日から中国で始まる生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)で表明する。種の絶滅や森林破壊など世界的な課題に対し、前向きに取り組む姿勢を訴える狙いだ。

 関係者によると、2010年に名古屋市で開かれたCOP10で、議長国を務めた日本が設置した「生物多様性日本基金」に追加拠出する。

 同基金は、COP10で決まった20年までの国際保全目標「愛知目標」の達成に向け、途上国の対策を支援することを目的に創設した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • KMバイオ、3回目用で治験 (10/25)

     明治グループの製薬会社KMバイオロジクス(熊本市)は25日、開発中の新型コロナウイルスワクチンを3回目接種用に使えるかどうかを調べる臨床試験(治験)を年内に始める方針を発表した。国の承認を得て、来年...

  • ツバメやスズメ、大きく減る (10/25)

     日本国内で繁殖する鳥類のうち、過去約20年間でガビチョウなどの外来種の分布域が広がる一方で、ツバメやスズメといった身近な鳥の数が大きく減っていたことが25日、全国2100人超のボランティアが参加した...

  • 東京で17人感染、3人死亡 (10/25)

     東京都は25日、新型コロナウイルスの感染者が新たに17人報告されたと発表した。24日の19人を下回り、今年の最少を2日連続で更新した。50〜90代の男性3人の死亡も確認された。 新規感染者数は直近7...

  • 井戸水には異常なし、群馬大病院 (10/25)

     群馬大病院で入院中の乳児10人がメトヘモグロビン血症を発症し、院内の井戸からくみ上げた飲料水から窒素化合物が検出された問題で、同病院は25日、井戸水に異常はなく午後から外来を再開すると発表した。21...

  • 国内で236人感染、死者8人 (10/24)

     国内で24日、新たに236人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は大阪38人、東京19人、愛知と北海道で各18人など。死者は沖縄4人、埼玉3人などの報告があり、計8人だった。 また厚生労働省...

 あなたにおすすめの記事