ニュース

東京円、112円台前半 2年半ぶり円安水準

2021/10/11 10:12

 週明け11日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=112円台前半で取引された。前週末8日のニューヨーク外国為替市場で円安ドル高が進んだ流れを引き継ぎ、2019年4月以来、約2年半ぶりの円安ドル高水準となった。

 午前10時現在は前週末比35銭円安ドル高の1ドル=112円30〜31銭。ユーロは71銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円98〜99銭。

 前週末の米長期金利が上昇傾向だったことから日米金利差の拡大が意識され、円を売ってドルを買う動きが先行した。

 市場では「日経平均株価が上昇したことで相対的に安全な資産とされる円を売る動きも出ている」との声が聞かれた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 9月の自動車輸出、40%減少 (10/20)

     財務省が20日発表した貿易統計(速報、通関ベース)によると、9月の自動車輸出は前年同月比40・3%減と急減した。半導体など部品調達難による減産が響いた。原油の輸入は価格高騰の影響を受け90・6%増。...

  • ビットコイン先物ETF、米上場 (10/20)

     【ニューヨーク共同】代表的な暗号資産(仮想通貨)ビットコインの先物に連動した上場投資信託(ETF)の取引が19日、ニューヨーク証券取引所で始まった。投資家層が広がり、ビットコイン相場が上昇するとの期...

  • 東証、176円高 (10/20)

     20日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、前日終値比176円24銭高の2万9391円76銭となった。

  • 東京株式 20日09時15分  (10/20)

    <225種>          29391円76銭      前日比 +176円24銭  <TOPIX>         2035.38        前日比 +08.81    

  • ネトフリ、会員の伸びが回復 (10/20)

     【ニューヨーク共同】米動画配信大手ネットフリックスは19日、9月末の世界の有料会員数が2億1356万人となり、6月末から438万人増加したと発表した。予想の350万人を上回り、今年前半に鈍化していた...

 あなたにおすすめの記事