ニュース

東証は続伸、前週末比449円高 金融所得の課税強化先送りを好感

2021/10/11 16:45
 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 週明け11日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続伸した。終値は前週末比449円26銭高の2万8498円20銭。岸田文雄首相が株式売却など金融所得への課税強化を先送りする方針を示したことが好材料だった。外国為替市場の円相場が約2年10カ月ぶりの円安ドル高水準となったことも追い風で、自動車など輸出関連銘柄が値を上げた。

 東証株価指数(TOPIX)は34・73ポイント高の1996・58。出来高は約11億9400万株。市場関係者は「海外投資家がひとまず買いを入れた」と指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 22日13時     (10/22)

    <225種>          28899円02銭      前日比 +190円44銭  <TOPIX>         2008.08        前日比 +07.27    

  • 為替相場  22日(日本時間13時) (10/22)

    13時現在           1ドル=             114円07銭〜          114円11銭    前日比  +0円04銭   1ユーロ=            132円63銭...

  • 米、デジタル税紛争で妥結 (10/22)

     【ワシントン、ロンドン共同】米政権は21日、個別国による巨大IT企業への「デジタル課税」導入を巡る紛争で、英国やフランスなど欧州5カ国と妥結したと発表した。国際的に合意したデジタル課税の枠組みが発効...

  • 東証、午前終値は2万8892円 (10/22)

     22日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発し、前日終値比の上げ幅が一時250円を超えた。経営危機に陥った不動産大手、中国恒大集団が米ドル建て債の利払いを実行すると伝わり、投資家心理が改...

  • 中国恒大、ドル建て社債利払いへ (10/22)

     【北京共同】中国メディアは22日、経営危機に陥った不動産大手、中国恒大集団が、23日に期限を迎える米ドル建て債の約8350万ドル(約95億円)の利払いを実行すると報じた。資金繰りの悪化でデフォルト(...

 あなたにおすすめの記事