ニュース

フリーランス保護を強化へ 公取委、発注元を監視

2021/10/11 17:34

 公正取引委員会が、組織に属さず働くフリーランスの保護に向け監視体制を強化することが11日、分かった。仕事の発注元による一方的な報酬の減額や支払い遅れなどのトラブルが目立つためだ。来年4月以降、主に下請法上問題になり得る行為の情報収集を担う非常勤の職員を採用し、専用の相談窓口も設置する方向だ。

 コロナ禍で働き方の多様化が進む中、企業との契約交渉で不利な条件を押し付けられやすいフリーランスが安心して働ける環境を整える。

 政府が昨年公表した調査結果によると、業務委託を受けて働くフリーランスの約38%が報酬の支払いなどで、トラブルを経験したことがあると答えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  21日(日本時間 3時) (10/21)

     3時現在           1ドル=             114円21銭〜          114円22銭    前日比  +0円13銭   1ユーロ=            133円08銭...

  • 為替相場  21日(日本時間 2時) (10/21)

     2時現在           1ドル=             114円10銭〜          114円11銭    前日比  +0円24銭   1ユーロ=            132円99銭...

  • 英当局、FBに80億円罰金 (10/21)

     【ロンドン共同】日本の公正取引委員会に当たる英競争・市場庁は20日、動画検索共有サイト運営会社の買収調査に関する協力を怠ったとして、米交流サイト大手フェイスブック(FB)に5050万ポンド(約80億...

  • ビットコインが最高値更新 ETF米上場、投資層拡大 (10/20)

     【ニューヨーク共同】代表的な暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格が20日、一時、1ビットコイン=6万6000ドル(約750万円)を超え、過去最高値を更新した。ビットコインの先物に連動した上場投資信...

  • NY株、続伸 (10/20)

     【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、午前10時現在は前日比94・51ドル高の3万5551・82ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は22・54...

 あなたにおすすめの記事