ニュース

三井住友銀行で外為取引遅れ システム障害、法人向け

2021/10/12 18:17

 三井住友銀行は12日、システム障害が発生し、法人向けの外国為替取引の処理に遅れが出たと明らかにした。システムは既に復旧したとしており、影響があった取引件数など詳細は確認中という。

 三井住友銀によると、午後0時50分ごろから店頭やインターネットで外貨建て送金などが一時的にできなくなった。機器の故障が原因とみている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • NY円、114円前半 (10/19)

     【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比04銭円高ドル安の1ドル=114円22〜32銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1644〜54ドル、133円08〜1...

  • 中国、ネット企業の監督を強化 (10/19)

     【北京共同】中国の習近平国家主席は18日の共産党内の学習会で「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大インターネット企業による独占行為の取り締まりを強めるよう、改めて指示した。デジタル分野で国際競争力を高...

  • 為替相場  19日(日本時間21時) (10/19)

    21時現在           1ドル=             114円20銭〜          114円21銭    前日比  +0円09銭   1ユーロ=            133円12銭...

  • ソラシドエア、食材を当日空輸 (10/19)

     中堅航空会社ソラシドエア(宮崎市)は19日、宮崎で朝に採れた野菜や魚などの食材を航空機に積み、その日のうちに首都圏に輸送する事業を27日に始めると発表した。新型コロナウイルス禍で乗客が減少しており、...

  • 2人一緒なら飲み物おごります (10/19)

     サントリー食品インターナショナルは19日、企業に置く飲料自動販売機の新サービスを始めると発表した。社員2人が社員証を同時にかざすと飲料2本が無料で出てくる仕掛けがあり「社長のおごり自販機」と名付けた...

 あなたにおすすめの記事