ニュース

首相「ぶれてない」と反論 金融所得課税巡り

2021/10/12 23:02
 衆院本会議の代表質問で答弁する岸田首相=12日午後

 衆院本会議の代表質問で答弁する岸田首相=12日午後

 岸田文雄首相は12日夜のテレビ朝日番組で、金融所得課税などを巡る主張が揺らいでいるとの指摘に関し「ぶれていない」と反論した。まずは賃金を引き上げるための税制に取り組むとして「順番、優先順位が大事だ」と強調した。

 「成長と分配の好循環」の進め方を巡り、1980年代以降の新自由主義によって市場原理を優先した結果、富の偏在が生じたと指摘。岸田内閣として「成長も分配も官民協働で実現しようというのが基本的な考え方だ」と訴えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • G7、強制労働の排除で一致 (10/23)

     【ロンドン、ワシントン共同】日米欧の先進7カ国(G7)は22日、貿易相会合を開き、農業や衣料品などの国際的なサプライチェーン(供給網)から強制労働を排除することで一致、共同声明を採択した。中国を念頭...

  • NY原油、83ドル台後半 (10/23)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク原油先物相場は反発し、指標の米国産標準油種(WTI)12月渡しが前日比1・26ドル高の1バレル=83・76ドルで取引を終えた。20日には2014年10月以来約...

  • ナスダック 22日終値     (10/23)

    <ナスダック>          15090.20       前日比 −125.50  

  • 米財政赤字、6年ぶり縮小 (10/23)

     【ワシントン共同】米財務省が22日発表した2021会計年度(20年10月〜21年9月)の財政収支の赤字は2兆7721億ドル(約314兆円)と前年度より11・5%減り、6年ぶりに縮小した。新型コロナウ...

  • NY円、113円半ば (10/23)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比50銭円高ドル安の1ドル=113円45〜55銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1641〜51ドル、132円11〜21...

 あなたにおすすめの記事