ニュース

8月機械受注、2・4%減 基調判断を下方修正

2021/10/13 9:19

 内閣府が13日発表した8月の機械受注統計(季節調整値)は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が前月比2・4%減の8393億円となり、2カ月ぶりのマイナスだった。基調判断は「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に下方修正した。

 製造業は13・4%減の3732億円、非製造業が7・1%増の4562億円だった。船舶・電力や官公庁、外需を含む受注総額は7・8%減の2兆6502億円だった。

 機械受注統計は、主要な機械メーカー約280社が対象で、企業の設備投資意欲をみる代表的な指標となる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  27日(日本時間 0時) (10/27)

     0時現在           1ドル=             114円24銭〜          114円25銭    前日比  −0円20銭   1ユーロ=            132円45銭...

  • NY株、一時最高値 (10/26)

     【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して始まり、取引時間中の過去最高値を更新した。IT大手の好決算への期待が続き、買いが先行した。 上げ幅は一時120ドルを超...

  • NY円、114円前半 (10/26)

     【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比39銭円安ドル高の1ドル=114円06〜16銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1606〜16ドル、132円46〜5...

  • 豪産ワイン、WTOがパネル設置 (10/26)

     【ジュネーブ共同】中国がオーストラリア産ワインに反ダンピング(不当廉売)関税を課しているのは不当だとして、オーストラリアが中国を世界貿易機関(WTO)に提訴した案件で、WTOは26日の紛争処理機関(...

  • 日立金属、新たな検査不正 (10/26)

     日立金属は26日、航空機エンジンや発電用タービンの部品に使われる特殊鋼製品で新たに検査不正が見つかったと発表した。105社に納入した約380鋼種で検査結果を書き換えたり、顧客と取り決めた手法と異なる...

 あなたにおすすめの記事